M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンバス

2008-02-29-Fri-13:00


いまヘビロテ中の曲が平井堅の新曲『キャンバス』です。

ドラマ『ハチミツとクローバー』(ハチクロ)の主題歌にもなっていて、曲のテーマはズバリ「青春」。そんな少し恥ずかしくなるようなテーマも平井堅がつくると何ともしっくりとイイ曲に仕上がっているのです。なぜ彼がこんなにも「青春」を自然に、ストレートに、じっくりと歌い上げることができるのかというと、彼の実体験がベースにあるからなのでしょう。

それは、
決して 変わらない
決して 汚せない

ものと表現しています。

曲を聴いているだけでも切なく、けど何かあったかい気持ちになれるんですが、一度この曲のPVを見てみてください。
このPVは平井堅の母校である横浜市立大学で撮影されたそうです。彼がもっとも青春の思い出が多いという大学時代がこの曲にもオーバーラップしているようです。母校を訪れるのは10年ぶりという平井堅は、講堂で歌っているシーンの撮影で、このPVの主役である田中圭と中村ゆりが物語をつくっていきます。

「同じ大学に通っていた社会人の男女2人が、仕事に奮闘する毎日を過ごしているが、ふとしたきっかけで母校を訪れ、懐かしい校舎、サークルの後輩に触れて青春時代を思い出したり、活力をもらう」というストーリー仕立てになっています。自販機で2人が再開するシーンが過去の同じ場面と重なっていていい場面です。曲の後半で2人が見上げた青空をキャンバスに見立て、それぞれが指で夢を書くシーンがあるのですが、一体なんて書いたのか気になります。

惚れっぽいボクはこのPVに出ている中村ゆりチャンが気になります。昔はYURIMARIとして音楽活動もしていたカノジョは、映画『パッチギ!LOVE&PEACE』にも出演していたり現在は女優業をしているとか。「ASAYAN」出身ですね、懐かしいな。


恋も 夢も 終電車も ごちゃまぜ追いかけた

という詞は、自身の大学時代に重なるところがあると言う平井堅の『キャンバス』は、いま青春を追いかけている人にも、もう大人になって青春というコトバが恥ずかしく感じるボクらにも響く曲だと思います。何度も言いますが、このPV是非ご覧ください。オススメです。


■ぬるま湯と冷たい風(中村ゆりのブログ)
 http://blog.goo.ne.jp/tsumetaikaze/

■ドラマ「ハチミツとクローバー」(フジテレビ)
 http://wwwz.fujitv.co.jp/hachikuro/index.html



COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/765-a974ee41

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。