M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風9号による西湘バイパス崩落の影響で、2008湘南国際マラソンは30kmで開催!?

2007-10-23-Tue-20:00
西湘バイパス

まだ記憶に新しい2007年9月に上陸した台風9号の猛威。関東地方でもさまざまな傷跡を残していきましたが、この西湘バイパスの崩落は衝撃的でした。このため、周辺道路の渋滞は深刻な問題となり、小田原厚木道路を無料で開放するという話にまでなりました。

そして、ここをコースとしている『湘南国際マラソン』へも大きな影響を与えました。昨日(やっと)発表された『湘南国際マラソン』の概要では、大きな変更点がいくつかありました。まず、距離が42.195kmから30kmに変更されたこと。そして、昨年は江ノ島がスタート・ゴールだったものが大磯(プリンスホテル)がスタート・ゴールとなり、30kmの部では辻堂海浜公園が折り返し地点となります。さらには神奈川陸上競技協会が主催から運営協力に回ったため、日本陸連の公認大会でなくなるそうです。

これって結構大きいですよね。ある意味、前回とは別の大会みたいな印象です。もちろん台風9号の影響は理解できるし、そのために中止や代替案などいろいろ模索したのだろうと思います。それぞれの市町村でも反応はさまざまで、発着となる大磯町は歓迎ムードらしく(そりゃそうだ)、町の活性化にもつながるこの機会は願ってもない話でしょう。一方、前回の発着点だった江ノ島を抱える藤沢市は、観光シーズンに開催することへの反対や、そもそも今回は江ノ島でのコース設定がないなど不満の声も多いそうです。

ランナー的胸中としては(ランナーなんてオコガマシイですが)、江ノ島発着だから大会が締まるという感覚はあるし、(特に今回は)30kmという中途半端な距離に対する意欲の低下は否めません。何より大磯をスタートとすることで、当日の朝にかなり多くの人が大磯駅周辺に集まるわけですが、それを受け入れるだけの能力が駅及び周辺環境にあるのかやや疑問です。前回経験した感覚では、やはり江ノ島にみんなが集まって富士山を見ながら駆け出すというのがよかったんですよね(前回大会のときの写真はコチラ)。大磯発着だと10kmコースの人は平塚の手前(花水川付近)で折り返すことになるし、なんか全体的にイマイチな印象です(地元の方、ゴメンナサイ)。ちなみに今年は前日受付は行なわないそうです。

大会委員長である河野太郎氏は今回の変更について前回大会が赤字だったことを理由としています。「スポンサーの充実と参加者の増加が不可欠である。江ノ島では警備上これ以上の大幅な人数の増加は難しい。(大磯プリンス)ホテルの広い敷地なら可能と判断した。」と語っています。けど、主催者側の都合だけを押し付けても、参加者の理解を得られないと大会は成功しないと思います。「ご理解願いたい」の一点張りではどうだろう・・・それに「国際」の意味って?

ということで、2008湘南国際マラソンへの参加は保留にします。<走るつもりだった!?



■2008湘南国際マラソン
 http://www.shonan-kokusai.jp/

 ◇開催日/2008年3月16日(日)
 ◇種目/30km(一般)、10km(一般、障害者、車いす)
 ◇定員/30kmの部(7,000人)、10kmの部(4,000人)
 ◇募集期間/2007年10月22日(月)~12月22日(土)※先着順

 ◆詳細は主催者ホームページ等でご確認ください。



■関連記事
 http://tpa2005.blog19.fc2.com/blog-entry-345.html

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/681-81083c6e

【 西湘バイパス 】について最新のブログの口コミをまとめると

西湘バイパスに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。