M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマのおじさん

2007-10-12-Fri-17:20
kudou1kudou2kudou3

プロ野球も公式戦全日程が終了し、いよいよ明日からはセ・リーグで初のクライマックス・シリーズが始まります。我が横浜ベイスターズは3強にギリギリまで食い下がっていましたが、最後は息切れして借金1の4位で終わってしまいました。今年の戦力でここまで戦えるとは正直思っていなかっただけに、ファンとしての充実感は満たされた1年でした。何せ、5月には3年ぶりの首位に立ち、その後8連敗するも交流戦で再び上昇、10月に入るまでCSへのチャンスがあったわけですから。

その要因の一つはやはり大矢監督の手腕にあると思います。10年前にも弱体球団を建て直した実績があり、選手を掌握する能力が長けているんでしょう。大矢監督はこんなことも言っています。「選手にはまだよくやったとは言いたくはない。それを言ったら、そこで終わりになってしまうんだ。」
そんな思いを胸に秘めながら若手を伸ばして、ベテランを鼓舞しているようです。

さらにベイスターズが強くなった(?)(※ファン目線なので・・・)最大の要因は、今季巨人から移籍してきた工藤公康の存在でしょう。44歳を迎えた今季も左ひじの故障と戦いながら自身も7勝を上げ、2軍に落ちても若手を指導しながら這い上がる姿は、ベイスターズの全選手の気持ちに何かを感じさせたはずです。今オフに左ひじの内視鏡手術をするそうですが、44歳でありながら自分の大事な左ひじにメスを入れ、さらに上を目指して頑張る姿勢はすべてのスポーツ選手の手本でもあるし、また、一人の人間としての魅力にあふれた姿です。以前、内視鏡手術をしたその翌年に2ケタ勝利を収めたことがあり、工藤も「来年は最多勝を狙っちゃおうかな~」とコメントしていました。さらに、「僕自身まだまだ野球をやりたいし、いつかメジャーに挑戦したい。来年は確実に横浜にお世話になるが、その後は分からない」とも。メジャーにも挑戦して欲しいが、開港150周年を迎える2009年もベイスターズのユニフォームを着ていて欲しい選手です。
◇2007年成績/19試合7勝6敗 防御率 3.91


■工藤公康オフィシャルサイト
 http://www.kudoh47.com/

■工藤公康オフィシャルブログ
 (彼の言葉の端々に、野球人としての礼儀や野球に対する愛情などが書かれています)
 http://www.kudoh47.com/blog/blog47/

さらに、こんなブログまで登場!
■工藤公康かぁちゃんブログ
 (工藤投手を支える工藤雅子さんのブログ)
 http://www.kudoh47.com/blog/kachan/



と、今季の成績に満足している人(ファン)ばかりではないでしょうから、そういうベイスターズ・ファンの方へ、懐かしい&盛り上がれる試合の映像をお届けします。

1998年、ベイスターズが日本一になった年の巨人との一戦です。両軍合わせて40安打、25点。壮絶な打ち合い(打たれ合い)をお楽しみください。先発はG桑田、YB斉藤(隆)といまやメジャー投手同士でした。しかし、マシンガン打線懐かしいな・・・
横浜 vs 巨人 16回戦(1998年7月15日)


COMMENT



2007-10-16-Tue-09:52
横浜に住んでいるうちに優勝がもう一度見られるのか・・・
私は小学生のころ 足の長い遠藤投手が好きでした(^^♪

コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/675-617fa6f9

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。