M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TABLE FOR TWO

2007-07-24-Tue-22:17
最近よく耳にする「TABLE FOR TWO(テーブル・フォー・トゥー)」ですが、みなさんの身近にありますか?

そもそも「TABLE FOR TWO」とは、
tft開発途上国における飢餓や栄養不足、先進国における過食と生活習慣病、という食の世界的なインバランスを解消し、健康な世界を実現することを目的としています。協力企業の社員食堂やレストランで健康的な食事をする際に、その食事の収益から1食あたり20円をNPO団体「TABLE FOR TWO」事務局を通じ、国連世界食糧計画(WFP)等の開発途上国の学校給食に寄付するものです(開発途上国の学校給食は1食約20円)。

先進国のわたしたちが1食を食べる時に、開発途上国の誰かに食事を贈ることが出来ることから、2人で食べているという意味の「TABLE FOR TWO」と名づけられています。

この運動の背景には、先進国では生活習慣病につながる過体重が約16億人に達し、一方、開発途上国では8億5千万人が飢餓や栄養不足に苦しんでいる現状があります。この不均衡を解消するために、ダボス会議(世界経済フォーラム)で選ばれた日本のヤンググローバルリーダーが立ち上がり、世界に向けてTABLE FOR TWOを始めたそうです。

このヤンググローバルリーダー(YGL:Young Global Leader)とは、スイスの民間経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」が世界各国から選出した「若手リーダー」の集まりで、2009 年までに1,111 人が選出されるということで、2005年には中田宏横浜市長も選出されているようです。[現在のメンバー数:665 人 うち日本人:26 人]
※そのほかの著名人では、秋篠宮紀子さま、横綱朝青龍関、藤田晋社長、小渕優子さんなどが名を連ねています。

企業の中では伊藤忠商事をはじめ、FamilyMartJALNECなどの社員食堂や研修センターで導入されていて、また、ボクの住む横浜市でも地方自治体では初めて「TABLE FOR TWO」を導入しました。まだ一部の企業の特定のカタチでしか参加できない運動ですが、もっと多くの企業が取り組み、もっと身近なところで参加できればいいと思うのですが・・・


■横浜市都市経営局
 http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/kokusai
/cooperation/tablefortwo.html


■NEC
 http://www.nec.co.jp/community/ja/tft/tft.html

■FamilyMart
 http://www.family.co.jp/company/eco/whats/070514.html


COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/629-fcb284bc

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。