M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イプセン・イヤー2006

2006-11-17-Fri-19:30
タリエ

今週の月曜の夜、ランニングでみなとみらい地区の赤レンガ倉庫辺りを走っていたら、何やら貫禄のある低い声が夜空に響いていました。その声のする方を伺ってみるとどうやら赤レンガ倉庫の裏手にある新港ふ頭の方から聞こえてきて、しかも照明なんかもついているのできっと映画かなんかを上映しているんだろうと思って近付いてみると、『Terje(タリエ)』という看板が出ているだけで、イマイチ何をやってるか分かりませんでした。でもその声の主は突き止めました。そう、伊武雅刀です。しばしランニングの足を止めて中をうかがったり、ポスターを確認してから再びランニングを再開(この日は15kmのランニングでした)。

先ほどの伊武雅刀の声が耳に残っていてチョット気になったので、家に戻って早速ネットで調べてみたら、ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの詩「タリエ・ヴィーゲン」を題材とした野外マルチメディア・パフォーマンス「タリエ」の会場だったようです。“ノルウェー”以外のカタカナは初めて聞くコトバでした(●´Д`●) 上の画像はイメージ図!?

在日ノルウェー大使館のHPによると、

ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの詩「タリエ・ヴィーゲン」を題材とした野外マルチメディア・パフォーマンス「タリエ」が11月16日から横浜の新港ふ頭で開催されます。イプセン・イヤー2006開催イベントの中でも最も大掛かりなものです。18日には特別コラボレーションが企画されており、当日タリエ上演後、この詩をテーマに制作された各国アーチストの作品が同巨大スクリーンで紹介されます。現在参加作品を募集しています。

イプセンは数多くの詩を残していますが、1862年に発表された「タリエ・ヴィーゲン」は、19世紀初頭に人々の生活が困難を極める時代を背景に、水先案内人タリエ・ヴィーゲンの苦難の生涯が詠われています。

リレハンメル・オリンピック開閉会式を演出したことで知られるノルウェー人のプロデューサー、トマス・ホーグ率いるアーツ・アライアンスが、この詩を元に、詩の朗読、海をテーマにした映像、ダンスなどで構成される「タリエ」を制作し、過去2回ノルウェーで上演しています。今回新たに制作された日本版では、伊武雅刀がナレータを務めます。


とのこと。

そう、ボクがみなとみらいで聞いた闇夜に轟くあの声は、この「タリエ」のリハーサルだったんですね。
イプセンの没後100年にあたる今年を「イプセン・イヤー2006」としてノルウェー国内外の主要都市でイベントを行っているようです。オープニングの昨日は中田宏・横浜市長やナレーションを務めた伊武雅刀さんも訪れたみたいです。

ノルウェーwebカメラノルウェーのことを知りたくなったら在日ノルウェー大使館のHPをチェックしてみてください。ノルウェーの基本情報だけじゃなく、ご覧のようなWEBカメラでノルウェーの様々な都市の風景を楽しむことができます。





山本モナ一般的な興味からは程遠い(と思われる)この「タリエ」には、一体どんな人たちが集まるのかボク的にはそっちの方が気になります。やはり、先ごろ世間を騒がせた山本モナ嬢(ノルウェー人の父を持つハーフ)も来たりするのでしょうか。それならば行ってみたい気もしますが・・・話はそれますが山本モナってキレイですよね。夜のニュース番組を早々に辞めてしまい、フランス系ハーフの滝川クリステルとの視聴率争いには発展しませんでしたが、どちらもボクの好きなタイプです。特に滝川クリステルのおかげで平日の夜にニュースを見る機会が増えました。ありがとう、クリステル!じゅて~む(何のこっちゃ)

ちなみにモナvsクリステルのハーフ対決をサッカーに置き換えてみると、2006年10月のFIFAランキングではフランスの3位に対してノルウェイは51位でした。ここでもクリステルの勝利です。(日本は46位ですが・・・)

滝川クリステル


ここでwikipediaに載っていたクリステル情報の一部を紹介します。

●「ニュースJAPAN」では机に対して斜めに座っているが、これはスタッフが「モナリザ」を意識し、美しく見えるように45°の角度をとっている。なぜこの角度かというと同番組スタッフ曰く「滝川クリステルが最も美しく見える角度だから」なのだとか。しかし彼女自身は、「骨盤が歪みそう。できれば正面を向いてニュースを読みたい。」「本番中に首がつったことがある」と、語っている。
●机の上にあるマグカップには、本人の嗜好で緑茶を入れてもらっている。ちなみに、松本方哉のマグカップにはウーロン茶。

さすが「斜め45度の女王」に君臨するだけのことはありますね。そんな苦労があったとは・・・
今日は、すっかり本題からはずれてしまいましたo(>д<)o




■『タリエ』横浜公演
 期日:2006年11月16日~26日(11月20日は休演)
 会場:新港ふ頭「タリエ」特設会場(横浜市みなとみらい地区)
 料金:3,000円
 開演時間:
   平日/19時30分
   土、日、祝日/18時
 問い合わせ先:タリエ事務局 TEL.03-3265-2068 


■ノルウェー大使館イプセン特集
 http://www.norway.or.jp/ibsen/


クリスマスフェアー2006
【STOKKE ストッケ】デイト
常にデザインと機能にこだわる家具メーカーとして北欧ノルウェーに1932年に設立したSTOKKE(ストッケ)社のデイトは、高品質な素材で優れた心地よさを提供します。座っている間の身体に傾きに応じてシートは滑らかに変化します。自由に座る位置を変えても、伸びやかで快適な環境を体験できます。




COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/446-5caf8c8f

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。