M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜ローザ

2006-08-10-Thu-19:18
ハマのメリーさん

今月12日~15日に横浜赤レンガ倉庫1号館3Fにあるホールにて、五大路子によるひとり芝居『横浜ローザ~赤い靴の娼婦の伝説』が行なわれます。

ヨコハマメリー「ハマのメリーさん」と呼ばれていた老女がいました。横浜で生まれ育った人なら誰もが知っているであろう彼女は、1995年頃まで横浜の街頭に立っていた娼婦で、敗戦後、アメリカ占領軍の兵士たちを相手に商売をし、年老いてからもなおも白粉(おしろい)で顔を真っ白にし、貴族のような白いドレスを身にまとい横浜の街角に立っていたというある種横浜のシンボル的な存在でもあったわけです。そんなメリーさんがある日忽然と姿を消し、その存在は都市伝説化していきました。

今年の春、彼女の生涯に迫ったドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」が封切られ、かなり多くの人が映画館を訪れたといいます。ボクも見たかったんですが、なかなか時間をとれぬ間に終わってしまってました。このドキュメンタリー映画の監督を務めた中村高寛さんは「メリーさんの記憶が多くの人の心に残り、愛され、共感されているのが観客から伝わってくる」と述べていました(今は、全国で上映されているようです。下のサイトでチェックしてみてください。)。

そんな彼女を演じて11年目を迎える五大路子さんのひとり芝居「横浜ローザ」。ボクも何年か前に横浜開港記念会館で行われたこの舞台を見に行ったことがあります。生で見た「横浜ローザ」は迫力があり、一方でとても切ない気分にもなったりしました。腰があんなに曲がっていてもいつも胸を張っていてプライドも高かったという彼女のことが「分かる」芝居です。興味のある方は是非・・・


■ヨコハマメリー公式サイト
 http://www.yokohamamary.com/yokohamamary.com/


~後記~
unionボクが当時メリーさんを見かけたのは、伊勢佐木町(当時は森永ラブがあったあたり)や馬車道(右の写真のあたり)、ときには横浜駅でも見かけたことがあります。横浜から姿を消した彼女は故郷の岡山県で暮らしていたとか。昨年1月にこの世を去った彼女には今の横浜はどう映っているのかな・・・


COMMENT



私も・・・

2006-08-13-Sun-21:11
後記にあります写真の場所で、いつも見かけていました。
私は子供の頃から見かけていたので、当時は「お化け」のようだと思って
いました。
「頭がおかしい」という噂もあり、地元の同級生が何人か声をかけからか
いましたが無視!
プライドの高い娼婦は、障害一流の娼婦であったのでしょうね。
映画、見たいです。

コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/364-e99a236e

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。