M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュルンベルクのため息

2006-06-19-Mon-18:35
kawaguchi

△ 日本 0-0 クロアチア △

「勝つ」ことが至上命題となっていた日本にとって0-0の引き分けは最悪の結果に近いものとなりました。試合前、中田も「どんな内容でも勝てばいい。結果が全て。」と言っていたように、勝ち点3が必要な試合での引き分けは勝ち点1を獲得したんじゃなく、勝ち点2を失ったという方が的確な表現かもしれません。

ドーハの悲劇1993年 ドーハの悲劇
1996年 マイアミの奇跡(※アトランタ五輪)
1997年 ジョホールバルの歓喜
 
と、日本のW杯の歴史においていくつかのターニングポイントがありましたが、今回がそれにあたるなら、

 『カイザースラウテルンの悲劇』
 『ニュルンベルクのため息』


といった感じでしょうか。


昨夜は川口が当たってましたね。PKを止めたスーパーセーブがなければブラジル戦を前に望みが消えていたわけで、川口は窮地に追い込まれたときこそ抜群の集中力を発揮するところをまたまた全世界にアピールできた場面でした。96年のアトランタ五輪でのブラジル戦や、04年のアジアカップでのヨルダン戦など数々の名シーンが甦ってきました。ヒデが試合中あんなに喜ぶなんて珍しいし。

それにしてもこの日の川口は気合入ってましたね。何度宮本を怒鳴りつけたことか・・・まぁ、そのくらい宮本の動きがよくなかったわけですが。PKの場面より後半9分にクラニチャルをフリーにしていた場面の方がひどかったです。ヒデが追いかけていなければ冷静にシュートを決められていたはず。その宮本は累積で次戦は出場停止・・・ブラジル戦は中田浩の出番!?

とにかくブラジル戦は勝つしかありません。「必死」ではないかもしれないけど「決して手は抜かない=全力」で戦ってくるであろうブラジルに2点差つけて勝つのは、至難の業でしょう。がんばれ日本!23日はみんな4時起きで応援ですね。(;ωゞゴシゴシ・・

COMMENT



2006-06-19-Mon-21:02
PKの川口さん、素晴らしかったですよね~!
あれで勢いに乗って、ミラクルが起きちゃうかなぁと思ったのに、
結局引き分けだなんて・・・。
日頃はサッカーにあまり興味がない私も、
23日は頑張って早起きしちゃおうかなと思ってます。
良い試合になるとですね~。

サムライ魂見せてほしいですね!

2006-06-21-Wed-16:36
23日は絶対4時に起きて見ますi-199i-84
史上最強と言われるブラジルスター軍団に2点差を付けて勝つこと…
それは本当に至難の業。むしろ奇跡i-198
かもしれませんが、可能性はゼロじゃないですもんねi-192
頑張って欲しいですi-25

コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/316-28bd5937

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。