M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保てなかった平常心

2006-06-13-Tue-12:39
20060613123920

●日本 1-3 オーストラリア○

昨日、どのくらいの人が日本戦を観戦してたんでしょう(視聴率は49%らしい)。ウチの近所のスポーツカフェにも多くの人で賑わっていました。AISHAがなかなか寝付かなかったこともあって、抱っこしながらどんな雰囲気か覗きに行ってきました。

そしたら、なんと・・・

この写真を撮った直後に日本の得点シーンが!!そうです、こんなことしてる間に大事なシーンを見逃してしまいました(>_<) 盛り上がる人たちをお店の外から眺めてつつ家路に着きました。<おバカ

まぁ、そんなことより、日本は大事な初戦で勝ち点3を目前で逃してしまいました。日本の唯一の得点は日本からすれば確かにラッキーだし、GKの軽率なプレーだって言えるけど、逆の立場ならヒディンクと同じような鬼の形相でVTRを何度も繰り返したことでしょう。何せ柳沢と高原が2人がかりでGKに対して連続攻撃ですから(笑)主審も誤審を認めてるとか!?

ただ、ラスト10分までは川口のスーパーセーブをはじめ日本DF陣が試合の大部分でビドゥカを消してうまく守ってたのに、最後に集中力と平常心を保てなかったことが1-3というスコアになった原因でしょう。もちろんジーコの言うように、1点を守る戦い方ができなかったこともその一因ですが、ならなぜ走れなくなったFWを早めに代えて前線のスペースを埋めなかったのか・・・また、オーストラリアの3点目を決めたアロイージのように、1人で決められる(突破できる)選手がいないと正直厳しいですね・・・でも、オーストラリアがあんな支配率が高いとは予想外でした。

しかし、ビドゥカ&ケネディの2人はデカすぎだ!「人間山脈」ってプロレスじゃないんだから。そしてその人間山脈へぶつけてキープされるという、日本のプレーをさせてもらえなかった展開も見てて歯痒かったです。それもこれも、後半における監督采配が明暗を分けたように思います。まぁ、まだ予選敗退が決まったわけではありませんから。日曜日のクロアチア戦は自分たちのサッカーをしてもらいたいです。

COMMENT



私も・・・

2006-06-14-Wed-23:07
子供たちをさっさと寝かせて、テレビにかじりついて観てました。
もう、これは勝ったなぁ~なんて、思ってたら
ゴール決められちゃって、「うぎゃぁぁ~!!」と心の中で叫んでました。
私も、もりぞうさんと同じようなことを考えました。
最後の10分で、集中力がプツっと途切れた感じがしました。
次は勝ってほしいなぁ。



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/309-ad999bcd

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。