M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEROU

2010-12-30-Thu-18:10


今年一番の話題作かもしれない水嶋ヒロの処女作「KAGEROU」(著者・齋藤智裕)、買っちゃいました。読んじゃいました。一瞬、泣いちゃいました。

第五回ポプラ社小説大賞に本名から一字落とした齋藤智として応募し、水嶋ヒロという名前を伏せたまま見事に大賞を受賞したことで、一躍話題となりました。さらに賞金2,000万円を辞退したことも、その話題に拍車をかけ、100万部を超える大ベストセラーとなったようです。

一方で、週刊誌などでは出来レースだったと叩かれもしていますが、それも天がこのオトコに二物も三物も四物も与えたからでしょうか…

抜群のルックス、帰国子女、高校時代には全国準優勝に、奥さんである絢香の病気に献身的に寄り添うなど美談ばかりだと、人間アラを探したくなるのでしょうね。

肝心の本の内容は、これだけ注目されて設定されたハードルが高いのかもしれませんが、ところどころ読みづらい展開や説明的な表現が気になったり、テーマである「生」と「死」についてキレイにまとめられている印象は否めませんが、全体的な読みやすさや清々しいラストなどはキライじゃないので、★★★★☆(星4つ)です。

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/1268-89c41a14

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。