M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表メンバー発表・・・サプライズはGK川口能活

2010-05-10-Mon-23:22
kawaguchi

本日14時に、2010FIFAワールドカップ日本代表23人の発表がありました。

これまで代表に呼ばれてきた選手やJリーグで結果を出している選手、欧州組などそれぞれに代表に懸ける想いもあるし、選ぶ方も相当悩み、選手の一生を左右しかねない決断を下すわけです。そして、これはマスコミや応援する側が騒いでるだけかもしれませんが、これまでの代表発表の場面ではさまざまなサプライズな発表がありました。

初めてワールドカップに出場した1998年フランス大会では、日本サッカー界のキング・三浦知良(カズ)と北沢豪がまさかの落選・・・世論を巻き込んだこの発表を行ったのは岡田監督。どうにかカズをW杯で見る方法はないものだろうか。

初出場から4年後、初の日本開催(日韓共催)となった2002年は、当時21歳だった中村俊輔が涙の落選会見。フラット3のトルシエ・ジャパンの戦術にはハマらなかったか、それでもゴールデンエイジの活躍でチームはベスト16の好成績でした。当時通訳だったダバディが監督やったらどうなるんだろうか。

そして前回の2006年ドイツ大会、今でも耳に残っているジーコの声。最後の23人目の発表に、思わせぶりに間をつくって「・・・マキ」、そしてその後のどよめき。あのときはチームとしても状態が悪く、見せ場のないまま終わったことも記憶に新しいです。


で、今回の2010年南アフリカ大会の一番のサプライズはGK川口の選出でしょう。自分の緊張を抑えるためか、感情を押し殺し、口早に選手名を次々と読み上げていった岡田監督から出た3人目の名前で、この日一番のどよめきが起こりました。第3GKとしてというより、彼の経験やリーダーシップに期待しているという。何でも唯一本人に電話で打診をしたとのコト。

ネットなどでは、岡田監督がまだ監督をやっていることが一番のサプライズだとか、予選突破は100%不可能などネガティブな表現ばかりが目立ちますが、いま批判ばかりしてもあまり意味がないわけで、やっぱり日本代表を応援するしかないんです。開幕まであと1か月あまり・・・寝不足の日々がやってくる。


【日本代表メンバー】
GK:
楢崎正剛(名古屋グランパス)
川島永嗣(川崎フロンターレ)
川口能活(ジュビロ磐田)

DF:
中澤佑二(横浜F・マリノス)
田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)
今野泰幸(FC東京)
岩政大樹(鹿島アントラーズ)
駒野友一(ジュビロ磐田)
長友佑都(FC東京)
内田篤人(鹿島アントラーズ)

MF:
中村俊輔(横浜F・マリノス)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
中村憲剛(川崎フロンターレ)
稲本潤一(川崎フロンターレ)
阿部勇樹(浦和レッズ)
長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)
本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
松井大輔(グルノーブル/フランス)

FW:
岡崎慎司(清水エスパルス)
玉田圭司(名古屋グランパス)
大久保嘉人(ヴィッセル神戸)
矢野貴章(アルビレックス新潟)
森本貴幸(カターニア/イタリア)

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/1154-02973cd2

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。