M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開国博Y150に行ってみた!「ヒルサイドエリア」篇

2009-09-15-Tue-02:11
kanon0909 276

開港150周年を迎えている横浜。その記念事業として4月28日から9月27日まで『開国博Y150』がネイサイドエリア(みなとみらい新港地区)とヒルサイドエリア(ズーラシア隣接地区)で開催されています。この『開国博Y150』の評判についてはみなさんすでにご承知の方も多いかもしれませんが、残念ながらあまりいい声を聞きません。そのせいもあってか市長は任期途中で辞任しちゃうし、会場内は閑古鳥が鳴いていてシャトルバスまで空車が目立つ状態・・・

そうは言っても一度くらい開国博を見てみないことには・・・と思い、「ラ・マシン」という巨大な蜘蛛が動いたり、意味(内容)がまったく分からないと評判のアニメーション映画「バトン」などがやっているベイサイドエリアは大人2,400円と高いため、あえてヒルサイドエリア(大人600円)に行ってみることにしました。

事前にHP等で調べたんですが、まったく何をやってるかわからないヒルサイド。唯一分かりやすい巨大バッタも日にち限定でしか公開してないらしく(なぜ?)、かなりの不安を抱えつつ日曜日に行って来ました。結果は、意外と楽しめました。もっとハッキリ言えば、子供連れの家族には楽しめる仕掛け(ブース)があるけど、そうでない人たちはきっと園内を一周したらそのまま出ちゃうだろうなって感じです。

要は、小さいブース(市民発案でいろんな団体がある)で何かを作ったり、参加して何かをやったりといった内容で、大人だけで参加するかというとやはりギモン。食事もコンビニが一軒あるだけなので、お弁当を持っていって芝生の上で食べるのかな~・・・。この日は昼過ぎから行ったのであまり食事をしている風景を見なかった。

では、何だかんだで17時くらいまで楽しんでいた様子をどうぞ。

kanon0909 269ズーラシア動物園の駐車場の先にY150ヒルサイドエリアの駐車場があります。料金は1日1,000円で後払い。そこから会場までは駐車場脇を歩いていく坂道コースと、森の中を抜けていく段差コースに分かれています。どちらも5分ほどで到着できます。

kanon0909 279ズーラシアの未整備地区(アフリカ・サバンナゾーン)を使ってこのヒルサイドエリアは開催しています。入り口にも大きく描かれているようにこのエリアは「つながりの森」と呼ばれていて、市民スタッフが中心となって創りあげたいくつものプログラムが展開しています。まぁ、その辺が微妙なトコなんですが。KANONは学校行事で7月に来ているので2回目です。

kanon0909 298中心会場の「竹の海原」です。コンクリートやエアコンを使わず、市内の竹や間伐材で作られています。でも来場者がそれに気付いている感じはなかったです。もったいない・・・

kanon0909 301その竹の海原でやっていたブースの一つ「ケードロ」。市内の大学(国大、市大、神大、慶応、フェリス)の学祭実行委員会の有志によるチームが運営していました。会場内にいる犯人を制限時間(20分)以内に子どもたちが捕まえるんですが、ここの本部には犯人がどこにいるかという情報が逐一入ってきて、それを大型画面に表示することで捕まえに行く目安とするもので、やはり一般の方が多くいるところで鬼ごっこはマズイということで、走ったりせず目印をつけた犯人(歩いているだけで逃げません)を探すというもの。コレ面白かった^^

kanon0909 314これも「竹の海原」内にあるつながりのステージ。ふだんはライブとかやっていそうなところですが、この日は海洋冒険家の堀江謙一さんのトークでした。小型ヨットによる単独太平洋横断航海をした人です。とても今年71歳には見えない若々しさがあります。この後、このステージではN.U.という横浜で活動中の2人組によるライブも行われていました。堀江さんの後のせいか何のメッセージも伝わって来ず・・・

kanon0909 338鳥の巣のようなイス。にスッポリはまるAISHA。

kanon0909 346和紙づくりコーナーに置かれた物体。何だか分かりますか?
象の糞です。
草や藁を食べている象だから、その糞をつかって和紙づくりが体験できます。よくある牛乳パックでのリサイクルペーパーと要領は同じです。もちろん臭いなどはなくなった状態です。

kanon0909 352この宇宙と交信できちゃいそうな機械たちは「ソーラークッキング」をするための道具です。銀色のアンテナのようなものを太陽にまっすぐに向けるとそれを受けたある1点が熱くなるので、そこでゆでたまごや目玉焼き、ケーキ等作ります。で、目玉焼きを作ってみることに・・・
kanon0909 359kanon0909 36010分くらいでできちゃいました。中央のあたりはかなりの高温になります。ご家庭でもと勧められたけど、いや普通置けないでしょ。実際あったら面白いけどね。

kanon0909 372KANONが学校で行ったときにできなくてやりたいと言ってた「かみなり大王ゴロゴロ」。このコンテナの中ではゲリラ豪雨並みの雨と雷を体感できます。が、期待よりも豪雨じゃなかった・・・もうチョット何か仕掛けや工夫があるといいのにな。工夫といえば、ここで降った大量の雨(水)はこの後どうなるかというと、目の前に広がる棚田に流れ込みちゃんと再利用されています。

kanon0909 393その棚田のあたり。自然が広がってるなぁ(笑) 空気がいいです!
ちなみに、この列はバナナのもぎ取り体験に並ぶ人たち。

kanon0909 406丘の広場では「わりばしプロジェクト」という制作があり、KANONもわりばしに色を塗り(時間がなく紐で結び合わせるところは省略)、未来へつなぐ木の先端(角の先っちょ)に取り付けてもらいました。

kanon0909 438入り口と会場とを結ぶ道にはなにやら人をかたどった案内板のようなものがあります。ここにはその週にどんなことをやっているのかが描かれていてチェックすることができます。そして帰るときにこの人形の裏面が黒板になっているので、そこにメッセージを書き込んだり、たねまるの絵を描いたりみんな思い思いに表現していきます。

kanon0909 431意外とみんなここで落書きタイムになってるようで、ウチもアスファルトにたねまるを描いたり、黒板に消しては描きと30分以上遊んでました。基本帰るときに通る場所なので、子どものはまり具合によっては帰りの予定が狂うことも・・・

kanon0909 436コイツが結構はまってました。疲れて帰ろうとしたところでもう一度テンションがあがっちゃった。

みなさま御静聴ありがとうございました。
残り2週間しかないけど、この記事を読んだ人が一人でも興味を持って遊びに行ってくれたらボクも嬉しいし、Y150もきっと嬉しいだろうと思います。今週末の5連休(シルバーウィーク)にいかがですか?

■横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」
 http://event.yokohama150.org/

■ヒルサイドエリア
 http://event.yokohama150.org/event/hillside/index.html

COMMENT



2009-09-16-Wed-22:33
素晴らしいレポをありがとうございます!!
写真付きの解説でとてもわかりやすくて
もう、行った気になっちゃいました(笑)

我が家も記念すべき『開国博Y150』に触れてみたいと
思ってはいるものの、ドコへ行けばいいのやら…って感じです。

コメントの投稿

TRACKBACK



http://tpa2005.blog19.fc2.com/tb.php/1030-344841a0

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。