M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬車道ウェディング

2008-01-30-Wed-12:28
20080130122836

とある日曜日の朝、信号待ちでの一場面です。
What a wonderful day !
スポンサーサイト

横浜ランドマークタワーと日本丸

2008-01-27-Sun-20:20
20080127202024

今日の横浜は冬晴れの気持ちのいい青空が広がっていました。そんな中、みなとみらいにある日本丸では、78回目の進水記念ということで入場料が無料でした。青空の下、ランドマークタワーを背に佇む日本丸は多くの人にその記念日を祝福されていました。

ポールスミス『定期入れ』

2008-01-25-Fri-12:50
20080125125016

久しぶりに定期入れを更新しました。

この携帯の画像で水色の微妙なニュアンスが伝わるか分かりませんが、なかなかキレイな色です。

今の時期には浮いてしまいますが、春をイメージして先取りしてみました。

そして春ではない季節もオールシーズン使い続けるわけです。



と、季節感のまるでないオトコのつぶやきでした・・・

DONQ

2008-01-24-Thu-21:38
20080124213802

あの甘い匂いに誘われて、ついつい並んで買ってしまうDONQのミニクロワッサン。明日の朝まで待ち切れず3つほどつまみ食い・・・

ここでは吸わない、が「ハマルール」

2008-01-22-Tue-12:48
suwanai

横浜市では、昨日(平成20年1月21日)より指定区域における喫煙を禁止する「横浜市空き缶等及び吸い殻等の散乱の防止等に関する条例(ポイ捨て・喫煙禁止条例)」が施行されました。指定された区域は横浜駅周辺地区、みなとみらい21地区、関内地区で、このエリアの屋外の公共の場での喫煙(火のついたタバコを持つことも含む)が禁止され、違反者には罰則(過料 2,000円)が科せられます。

今朝、指定区域のJR桜木町駅前を通りましたが、朝の通勤時間帯に喫煙をしている人はゼロでした。取り締まる人もゼロでしたが。ただ今回は取り締まる側に警察OBを雇って、見つけた場合は即罰金、一発レッドカードとなるようです。タクシーでの喫煙禁止に続いて屋外公共エリアでの施行は、タバコを吸わないボクにとっては受動喫煙もなくなりありがたいことですが、喫煙者はますます肩身の狭い思いを強いられそうです。

それにしても、この条例名は長いだけじゃなく、等ばかり入っていて禁止の切実さが伝わらないな・・・


■ポイ捨て・喫煙禁止条例(横浜市ホームページ)
 http://www.city.yokohama.jp/me/pcpb/kankyo/mac4.html
 ※エリアの詳細も載っています。

ゴールデンスランバー

2008-01-21-Mon-12:58
20080121130322

久しぶりに出た伊坂幸太郎の書き下ろし小説『ゴールデンスランバー』。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
物語は、仙台市街地での首相の凱旋パレード中、突如空から降りてくるラジコン・ヘリコプターが爆発し「首相暗殺事件」が起こるところから始まります。その首相殺しの犯人に仕立てられた一人の男が巨大な組織から逃げる3日間の逃走劇。

500ページもありながら、時系列が断続的に変わったり、テンポのいい会話やスリリングな逃走シーンなど伊坂ワールドが随所に見られ、あっという間に読み切ってしまいます。1部~3部の短い導入部分に続き4部では事件の全容が描かれていて、ラストシーンへと続きます。こういうラストシーン、結構好きです。

ただ3日間の話を客観的な視点で導入していく(第1部~第3部の)展開の中で今ひとつ「?」だった「第3部 20年後」の章ですが、最後にもう一度読んでみると物語に深みが出ると思います。とにかくカレの小説には「にやっ」とする場面が多く、(特に後半にかけて)「あぁ~」ってパズルのピースが組み合わさるように感心させられます。

この小説は、張り巡らされた伏線、登場人物、展開などどれをとっても一級品のエンターテインメントでしょう。新作を首を長くして待ち続けていた伊坂ファンにも、まだカレの作品を読んだことがない人にもオススメの1冊です。ちなみにボクは写真にあるとおり前者です


第3回 全国一斉!日本語テスト「口説き力」判定

2008-01-18-Fri-23:51
3rd jp test s

今年もやってきましたATOKの「全国一斉!日本語テスト」・・・今年で3回目を迎えました。過去2年は58点(第1回)、61点(第2回)と何とも“ふつう”な成績で(ネタ的に)面白くもなんともなかったのですが、今年は少し趣向を変えて「口説き力」判定となっています!おぉっ!

気合を入れてやってみたら、なんと「口説き」は口説きでも“ビジネスシーンでの”口説き力判定でした(当たり前?)。つまりは社会人として必要な日本語をどれだけ持っているか、プレゼンの場面や仕事を依頼するとき、企画書の作成・・・それらのシーンでの「口説き力」を判定してくれます。

今年の結果は・・・




70点




口説きタイプは、




値千金のビジネス・ファンタジスタ型




でした。


そして結果を見てみると・・・
【基本タイプ】
勘の鋭いあなたは、口説き方も本質にズバリと切り込むタイプ。派手な言動や取引は嫌いますが、ここ一番の集中力には定評あり。地味なプレイで値千金のゴールをゲットしそうです。


なかなかです^^

“恋愛シーン”での「口説き力」判定もあれば面白いのにね。(結果、悲惨だったりして)


■第3回 全国一斉!日本語テスト
 http://www.atok.com/test/

■過去の日本語テストの結果(記事)
 全国一斉!日本語テスト(2006年1月13日記事参照)
 第2回 全国一斉!日本語テスト(2007年1月11日記事参照)

ぷかりさん橋

2008-01-15-Tue-23:49
20080115234937

これは週末に行った万葉の湯からの眺めです。インターコンチネンタルホテルから海に飛び出すカタチで「ぷかりさん橋」は静かに船の到着を待っています。

いつもはシーバスなどの海上交通や屋形船が発着しているんですが、2007年の6月はホクレア号というカヌーがここにいました。2本突き出た桟橋の長い方の手前側。向かって左側にホクレア号、右側に伴走艇のカマヘレ号がいたのがもう7ヶ月も前の話です。ここからの眺めもよかっただろうな。こうやって俯瞰で見下ろすと、年末にやっていた特番『Aloha!未来』のエンディングを思い出してしまいます(レベルは全然違いますが)。そして今、録画してある『Aloha!未来』をまた見直しています。

みなとみらいの先端にあるこの「ぷかりさん橋」、ボクのお気に入りの場所の一つです。ちなみに「ぷかり」というだけあってここの桟橋は固定されておらず、長く立っていると船酔いの状態になります。


■みなとみらいぷかりさん橋
 http://www.pukari.jp/

抱きしめてTONIGHT

2008-01-14-Mon-23:45


世間では、今日は成人式でした。
抱きしめてTONIGHT横浜では2万3千人を超える新成人が、横浜アリーナにて午前・午後の2回に分かれて成人式に参加したようです。近所でも振袖姿の新成人を何人か見ましたが、今日は横浜でも朝の気温は2.7℃、昼過ぎの最高気温も6.2℃と極寒な一日でした。

そして、今日車で移動中にラジオから流れてきた曲が田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」。あまりの懐かしさに「なぜ?」と思ったら、新成人たちが生まれた1988年のヒット曲ということでした。教師びんびん物語も20年前か・・・。他にも「とんぼ」(長渕剛)や「パラダイス銀河」(光GENJI)などが流れていました。

ちなみに、ボクが20歳のときの成人式の場所はやはり横浜アリーナだったんですが、団塊ジュニア世代(というのか)のボクらの年は地域ごとに3回に分かれて行われました。ボクの曖昧な記憶では小雪まじりの一日だったような・・・そして、お祝いに駆けつけてくれた芸能人は大事MANブラザーズバンド!当時「それが大事」が流行っていたんです。1時間ずっと「それが大事」を歌っていました(ウソ)。みなさんの成人式にはどんな思い出が詰まっていますか?


横浜みなとみらい「万葉倶楽部」

2008-01-13-Sun-22:52
20080113225206

今日は午前中から夜まで、みなとみらいにある万葉の湯(万葉倶楽部)にずっといました。連休中だからか昼過ぎからはレストランや休憩所も人だらけでした。

屋上にある展望足湯はかなり寒くて貸し切り状態でした。ここからは観覧車やランドマークタワー、反対側はベイブリッジまで360度横浜を一望できます。AISHAを抱っこしながら携帯で撮ったら、ボクのマヌケな横顔が写っていて公開に耐えられないためモザイク処理しておきました。

ちなみにAISHAの着ているじんべいは家からの持ち込みです。

iriver*swarovski*mickey

2008-01-11-Fri-18:45
iriver01

このスワロフスキーをあしらった物体、何だと思います?
実は、iriver japanウォルト・ディズニー・ジャパンによる携帯型デジタルオーディオプレイヤー「iriver(アイリバー)」で、しかも今回は限定でスワロフスキーが施されたバレンタイン企画のものなんです。その名も「Mplayer アニバーサリー・スワロフスキー」。これからのギフト選びに最適な商品じゃないでしょうか。価格も16,800円(税込み)と高くもなく安くもなくといった設定で、限定販売なだけにすぐ売り切れてしまいそうです。

この「Mplayer アニバーサリー・スワロフスキー」は全部で10モデルあり、ブラックのストーンを中心にワイルドに仕上げた「バレンタインモデル」、角度によって違う模様が楽しめる「ホワイトデーモデル」、さわやかな色使いが魅力の「グラデーションモデル」、キュートなハート柄とフラワーモチーフをまとった「ハート&ティアラモデル」があります。

swa01
ミッキーの耳が操作ボタンになっていて、そこにスワロフスキー社製のフラットバックラインストーンをちりばめた完全受注生産のハンドメイド仕上げとなっているそうです。その操作方法も簡単そうです。図のように耳をひねって曲を飛ばしたり音量を調節したりでき、大きさもピンポン玉より一回り小さく重量も約21グラムなので、ストラップで首から提げてもいいし、携帯のストラップにしてもいいし、カバンにぶら提げてもいいと思います。

ミッキーが好きな方にも、スワロフスキーが好きな方にも、携帯型オーディオプレイヤーが欲しい方にもオススメです。限定ということでデザインや色によっては品切れのものも出てきているようですよ。気になる方はお早めに・・・


限定☆Mplayer[1GB]スワロフスキーモデル第2弾
販売期間 2008年01月11日17時00分~2008年03月10日17時00分
販売価格 16,800円 (税込) 送料込

←コチラで購入できます。クリック!!!




■耳がスワロフスキーのミッキー型音楽プレーヤーにバレンタイン版(アキバ経済新聞)
 http://akiba.keizai.biz/headline/780/index.html

わが日の本は島国よ

2008-01-09-Wed-23:57

わが日の本は島国よ(わがひのもとはしまぐによ)
朝日かがよう海に(あさひかがよううみに)
連りそばだつ島々なれば(つらなりそばだつしまじまなれば)
あらゆる国より舟こそ通え(あらゆるくによりふねこそかよえ)

されば港の数多かれど(さればみなとのかずおおかれど)
この横浜にまさるあらめや(このよこはまにまさるあらめや)
むかし思えば とま屋の煙(むかしおもえばとまやのけむり)
ちらりほらりと立てりしところ(ちらりほらりとたてりしところ)

今はもも舟もも千舟(いまはももふねももちふね)
泊るところぞ見よや(とまるところぞみよや)
果なく栄えて行くらんみ代を(はてなくさかえてゆくらんみよを)
飾る宝も入りくる港(かざるたからもいりくるみなと)



この詩を読んで、すぐに歌えた人!あなたは生粋のハマっ子です。
そう、これは『横浜市歌』で、ボクもそうでしたが小学校や中学校で何度も歌ってきました。だから横浜で育った人は自分の母校の校歌は知らなくても横浜市歌は知っているという人は少なくないはずです。

以前、何かで横浜市歌ほど有名なご当地ソング(市の歌、県の歌)は他にない(=市民に浸透しているという意味)と言っていました。mixiでもそんな記事を見かけた記憶が・・・この歌を頭の中で繰り返すと、小学校のときの運動会や体育館での○○式の絵が浮かんできませんか?

これも有名な話ですが、この曲は1909年に横浜市制50周年を記念して作られたわけですが、作詞は森林太郎(鴎外)なんです。ちなみに神奈川県民歌って知ってる人いますか?調べてみたら、『光あらたに』という歌だそうです。知らねぇ・・・


■横浜市歌
 http://www.city.yokohama.jp/ne/info/symbol/song.html

喧噪の日々、瞬間の静寂

2008-01-08-Tue-23:27
switch0801

いま、書店に並んでいる『SWITCH』という雑誌。
今月号の特集は福山雅治。
『SWITCH』には約2年半ぶりの登場となります。
※そのときの記事はコチラ

スイッチ・パブリッシング社のサイトによると・・・

SWITCHが初めて福山雅治を表紙巻頭特集で取り上げたのは、2005年の8月のことだった。この年、福山はデビュー15周年を迎え、シングル「東京」をリリースする。東京という街と、そこに生きる者の姿をストレートな言葉で描いたこの歌には、決して派手ではないけれど、福山雅治というアーティストの持つ実直さがストレートに刻み込まれていた。
あれから2年。今年、福山雅治はかつてないほどの(本人曰く15、6年ぶり)多忙に動き回る日々を送っていた。昨年末から行われていた写真展、約2年ぶりとなる全国アリーナツアー、シングル「東京にもあったんだ」リリース、そして記憶にも新しいフジテレビ系月9ドラマ「ガリレオ」出演……。もちろんその間にもレギュラーのラジオ番組や多数のCM出演などがあり、「福山雅治」というアーティストにとって考えられる限りの活動を、このわずか一年の間にほぼやり尽くしたといっても過言ではない。そんなタイミングで再び彼を巻頭特集に迎えることができたのは、我々編集部にとっても大きな喜びだった。
今回取材に訪れたのは、前述のドラマ「ガリレオ」収録現場、柴咲コウとのユニット“KOH+”によるシングル「KISSして」のプロモーションビデオ撮影現場、福山が出演および共同監督を務めた時計メーカーシチズンによるショートムービー「つながる時間」収録現場。そして本誌巻頭特集のための撮り下ろしフォトストーリー撮影現場にメインのロングインタビューと、通常の本誌特集に比べても非常に密度の濃い取材となった。
とりわけ2時間以上に及んだロングインタビューでは、ここ数年ミュージシャンとしての活動を中心に行ってきた彼にとって、役者という仕事が持つ意味、そこに臨むためのモチベーションといった「ガリレオ」絡みの質問から、現時点での最新曲「群青~ultramarine~」に込められた表現者福山雅治一個人の素の想いなどを、彼はまっすぐに余すことなく語っていった。
それらの発言から見えてきたもの--それはエンターテインメントという極めて限定された枠組みの中で生きる者にとって、実にまっとうであり、嘘偽りのないシンプルな想いだった。


2007年、ミュージシャン、俳優、写真、CM・・・さまざまなフィールドで活動してきた福山雅治が表現したかったものとは何か。それらが凝縮された一冊となっています。

なかでも、ドラマ『ガリレオ』第7話でも披露したボクシングのスパーリングシーン、あの数十秒に秘められた裏話はなかなか興味深かったです。

しかし、福山雅治は何度見てもパーフェクトだ・・・





To the Summit

2008-01-07-Mon-22:59
aisha0801

KANONの影響か高いところに登るのが大好きなAISHA。こういうところもどんどんよじ登っていきます。そしてお気に入りの「ぞうさん」のCDをかけるのですが、これまた器用に電源をONにし、再生ボタンを押して戻ってくるのです。さすがに先日、CDコンポ(っていうのか?)を下のほうに移動させましたが・・・

シャボン玉ホリデー

2008-01-06-Sun-23:51
20080107015102

長閑な日曜日の午後、風もあってシャボン玉日和でした。KANONとAISHAも家の前に座り込んで没頭していました。パパの手はベタベタでしたが・・・

ただいま投函中

2008-01-05-Sat-21:10
20080105211031

ボクの遅れた年賀状を投函するAISHA。相手の人にはこの写真を携帯に送って、届くまで待っててもらおうかな・・・(こどもをダシに使うなって!?)

箱根駅伝から一夜明けて・・・

2008-01-04-Fri-23:10
hakone08-1

第84回箱根駅伝の感動から一夜明けた今日も新聞などでその記事を追っていました。我が家はウチから5分ほど歩いたところで観戦するのですが、花の2区(9区)のど真ん中、権太坂と横浜駅の中間辺りで毎年応援しています。KANONも配っていた旗を何本も持って、コースに出ちゃう勢いで応援していました。ちなみに2日の往路はボクだけ見に行ったのですが、モグスやダニエルはほかの選手とストライドが違います!

hakone08-2今年は母校が出ているわけでもないし(つーか何年かに1回しか出てないけど)、肩入れするチームもなく純粋に箱根駅伝を楽しんでいました。だから1区での団子状態や2区でのモグス(山梨大)、ダニエル(日大)の2人のアフリカ人の爆走、5区での早大の逆転劇にゴール500m手前での順大の棄権など2日の往路を堪能し、3日の復路でも関東学連選抜の快走(8区の井村はボクの母校の選手でした)、息を呑むようなトップ争いにめまぐるしいシード権争い、鶴見中継所での東農大がラスト数秒で襷を繋いだシーン、優勝候補の一角だった東海大のまさかの棄権と最後まで目の離せない大会でした。(※写真と本文は関係ありません)

しかし、毎年TV中継を見ていて思うのは、偏った大学、選手の中継やゲストコメント(瀬古は明らかに早大のことしかしゃべってない)と集中してみることのできないCMの入り方(あれでは山場CMと同じで購買意欲が失せてしまいます)です。今年、4位と大健闘した関東学連選抜なんてほとんど中継されることなく密かに4位入賞です。これは3位に入った中央学院大学についても同じことが言えます。一方で伝統校、エリート校やスター選手にはカメラが付きっ切りだったり、アナウンサーの原稿が十分用意されていたり、大会の盛り上がりに反してチョット残念に思いました。ちなみに大会最優秀選手(金栗杯<かなぐりはい>)は復路の9区で1時間8分1秒の区間新記録をマークした中央学院大・篠藤淳(4年)が選ばれています。

hakone08-3学連選抜は少し前まではライバルだったほぼ初対面の10人が集まるわけです。もちろんレースに出れなかったそれぞれの大学のエース級が集まるので、単純なタイムの比較で言えば他の大学と比べても遜色ないものですが、駅伝という競技はそんな薄っぺらいものじゃありません。"襷を繋ぐ"という選手、監督、コーチ、スタッフ全員の気持ちが一つにならないと上位に食い込むことなどできないのです。だから昨年の結果は最下位でした。そんな中、今年の学連選抜のメンバーは4位という好成績。それだけチームの和がしっかりできていて、全員が同じ目標に向かっていたんだと思います。もちろん他の大学も「優勝」もしくは「シード権獲得」に向け一丸となっているはずですが、何か違ったのでしょうね。伝統校などは重圧によるプレッシャーで心身のバランスを欠いていたのかもしれません。

東海大、順大などの有力校も来年は予選会からの参加となります。41年ぶりに箱根を走った立教大の「R」ランニングがまた見れるかもしれません。スーパーエースと言われ、3年連続区間新を叩き出している東海大の佐藤悠基の走りをもう一度見れるのか、はたまた給水に関するルール改正があるのか・・・など今から考えながら、きっとまた来年も同じところで20人のランナーを応援していることでしょう。

マリーナの夕べ

2008-01-03-Thu-21:29
20080104122931

近所で箱根駅伝を応援した後は、KANONの幼稚園のお友達Hちゃん一家と横浜ベイサイドマリーナ[アウトレット]へ買い物に行ってきました。冬の暖かな陽射しに冷たい潮風が気持ちよかったです。むしろKANONがクルーザーに興味を示していたことの方が、ボクのまわりを一瞬にしてひんやりとした空気に包ませていました・・・

末吉ファミリー

2008-01-01-Tue-18:08
20080101180831

今日は午後から近所の神社まで、家族で初詣に出かけました。ボクは今年年男、気合いを入れてひいたおみくじは「末吉」。微妙・・・まぁ、家族全員が末吉だったし、よしとするか。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。