M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台南小路

2007-10-30-Tue-13:00
20071030130031

今日の昼はどうしても豚バラ飯を食べたくて、店を決めずにとりあえず中華街へ向かいました。そして何となく足が向かったところが台南小路にある『你好(ニーハオ)』。市場通りと香港路の間を結ぶ細い路地にある台湾料理のお店です。店内も台湾的な雰囲気で、大通りの賑やかな中華街の顔とはちがった空間でオススメです。ランチもスープと餃子がついて630円!あの小澤征爾もよく訪れているようですよ。
スポンサーサイト

Schindler

2007-10-29-Mon-18:00
schindler

昨夜乗ったエレベーター。


近年の騒動以後、初めてシンドラー社製のエレベーターに乗りました。


チョット緊張・・・


お気に入りの場所

2007-10-27-Sat-14:28
20071027142814

最近のAISHAのお気に入りの場所がココTV台の上です。以前はブラウン管がドカっと置かれてたため、スペースなんてなかったのですが、液晶にしたらちょうどAISHAが乗れるステージになってしまいました。昨夜もKANONやママが寝たにもかかわらず、布団から抜け出して2Fのリビングへ脱走し、相変わらず寝ないで遊んでました。この笑顔についやられちゃうダメパパです。

プリンセス・アイシャ

2007-10-25-Thu-22:52
20071025225213

毎晩、なかなか寝ないAISHAは今夜も寝室から脱走しリビングでテンション高めで遊んでいます。KANONのおもちゃのティアラを得意気に頭に載せ、「かわいい、かわいい」のポーズをとって写真を要求してきます。AISHA、キミは本当にかわいくて、パパと遊んでくれてすごい嬉しいんだけど、頼むからネテクレ・・・

台風9号による西湘バイパス崩落の影響で、2008湘南国際マラソンは30kmで開催!?

2007-10-23-Tue-20:00
西湘バイパス

まだ記憶に新しい2007年9月に上陸した台風9号の猛威。関東地方でもさまざまな傷跡を残していきましたが、この西湘バイパスの崩落は衝撃的でした。このため、周辺道路の渋滞は深刻な問題となり、小田原厚木道路を無料で開放するという話にまでなりました。

そして、ここをコースとしている『湘南国際マラソン』へも大きな影響を与えました。昨日(やっと)発表された『湘南国際マラソン』の概要では、大きな変更点がいくつかありました。まず、距離が42.195kmから30kmに変更されたこと。そして、昨年は江ノ島がスタート・ゴールだったものが大磯(プリンスホテル)がスタート・ゴールとなり、30kmの部では辻堂海浜公園が折り返し地点となります。さらには神奈川陸上競技協会が主催から運営協力に回ったため、日本陸連の公認大会でなくなるそうです。

これって結構大きいですよね。ある意味、前回とは別の大会みたいな印象です。もちろん台風9号の影響は理解できるし、そのために中止や代替案などいろいろ模索したのだろうと思います。それぞれの市町村でも反応はさまざまで、発着となる大磯町は歓迎ムードらしく(そりゃそうだ)、町の活性化にもつながるこの機会は願ってもない話でしょう。一方、前回の発着点だった江ノ島を抱える藤沢市は、観光シーズンに開催することへの反対や、そもそも今回は江ノ島でのコース設定がないなど不満の声も多いそうです。

ランナー的胸中としては(ランナーなんてオコガマシイですが)、江ノ島発着だから大会が締まるという感覚はあるし、(特に今回は)30kmという中途半端な距離に対する意欲の低下は否めません。何より大磯をスタートとすることで、当日の朝にかなり多くの人が大磯駅周辺に集まるわけですが、それを受け入れるだけの能力が駅及び周辺環境にあるのかやや疑問です。前回経験した感覚では、やはり江ノ島にみんなが集まって富士山を見ながら駆け出すというのがよかったんですよね(前回大会のときの写真はコチラ)。大磯発着だと10kmコースの人は平塚の手前(花水川付近)で折り返すことになるし、なんか全体的にイマイチな印象です(地元の方、ゴメンナサイ)。ちなみに今年は前日受付は行なわないそうです。

大会委員長である河野太郎氏は今回の変更について前回大会が赤字だったことを理由としています。「スポンサーの充実と参加者の増加が不可欠である。江ノ島では警備上これ以上の大幅な人数の増加は難しい。(大磯プリンス)ホテルの広い敷地なら可能と判断した。」と語っています。けど、主催者側の都合だけを押し付けても、参加者の理解を得られないと大会は成功しないと思います。「ご理解願いたい」の一点張りではどうだろう・・・それに「国際」の意味って?

ということで、2008湘南国際マラソンへの参加は保留にします。<走るつもりだった!?



■2008湘南国際マラソン
 http://www.shonan-kokusai.jp/

 ◇開催日/2008年3月16日(日)
 ◇種目/30km(一般)、10km(一般、障害者、車いす)
 ◇定員/30kmの部(7,000人)、10kmの部(4,000人)
 ◇募集期間/2007年10月22日(月)~12月22日(土)※先着順

 ◆詳細は主催者ホームページ等でご確認ください。



■関連記事
 http://tpa2005.blog19.fc2.com/blog-entry-345.html

HALLOWEEN

2007-10-22-Mon-13:23
20071022132313

横浜駅西口のクイーンズ伊勢丹に入っている神戸屋レストラン(神戸屋キッチン)で、こんなパンを見つけました。見た目も味もハロウィン(多分)!さらにこのパンの隣にはカボチャの形をした同じようなパンが売っていました。やはり、見た目も味もハロウィン(多分)!こうして写真まで撮って、記事にもしておきながら、実はこのパン買ってないんです。なので、気になる方は是非ご賞味を・・・(もちろん期間限定)

で、この日ボクが買ったのは、あらびきポークフランクにクロワッサン。直前にドンクでミニクロを買ったことをすっかり忘れて、またクロワッサン買ってるし。かなり美味しいんだけど、230円は高いでしょ。オ・ブールの分だけ高いのか、神戸屋という看板代が高いのか・・・それでもクロワッサン好きのボクは、おそらく次も買ってしまうのでしょう。

ストップ・ザ・温暖化

2007-10-21-Sun-14:01
20071021140124

雲一つない秋空に、「ストップ・ザ・温暖化」のPRバルーンが泳いでいます。ホント気持ちのいい天気だ。

せいいっぱい・・・

2007-10-19-Fri-12:50
aisha1

いっしょうけんめい、せいいっぱい、足を伸ばして何かを狙っているAISHA。もうこんな風にバランスもとれるし、何でも自分でやれちゃう(やりたがる)ようになったんですね~。そういえば最近はダッシュもできるんだった。

aisha2『手洗い=水遊び』のAISHAにとってキッチンで手を洗おうものなら、何度も「洗わせろ」と要求してきます。このときもIKEAで買った子ども用のイスを持ってきて、精一杯の背伸びをして蛇口に手を伸ばしてました。足ばかり撮っていてAISHAの様子を見ていなかったことに気付き顔を覗いてみたら、なぜか遠くを見つめていました

悪魔の微笑み

2007-10-18-Thu-23:56
aisha0710

悪魔が微笑んでいます


まさに、一瞬固まってしまう瞬間です。


ついでに、この容器を放り投げたりもするのですよ、この悪魔は・・・

ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場

2007-10-17-Wed-18:00
camp0710#1

先週末、KANONが通う幼稚園のお友達のI家、M家と3家族でキャンプへ行ってきました。キャンプ場は、行きやすく(移動時間が短く)、気候が涼しいので川の近くは避け、ある程度施設の整っている(きれいな)ところで探し、裾野IC近くにあるACN富士すそ野ファミリーキャンプ場にしました。

1ヶ月ほど前から毎週のように打合せ(飲み会?)を繰り返してきた今回のキャンプは、2度ほど小雨がぱらついたくらいで天気には恵まれました。土日の2日間だけだったのですが、土曜日の朝は7時半頃出発し、1時間ほどで御殿場に到着。予定通り現地で卵、馬刺しを買って順調にチェックインできました。


camp0710#2ここは富士サファリパーク近くの牧場です。本当はここで牛乳を調達するはずでしたが持ち帰りは不可ということで、敷地内を少し見学したり、自然の中を走ったり、新鮮な牛乳を飲んでからキャンプ場へ向かいました。

camp0710#3ココのキャンプ場は芝生に対しては非常に厳しく、チェックインのときも「芝生は大切に」と10回くらい言われた気がします。確かにキレイな芝生のキャンプ場です。これだけキレイだと使うほうも自然と大切にするもんですね。ゴミ拾いもいつも以上にやったり・・・見回りでもされるのかと思ったら、そんなことはありませんでした。他にも一定時間(夜間~早朝)は車での出入りはできないとか、ドッグランのエリアがあったりとか、一長一短はありますが使ってみると意外とフツーの施設でした。

camp0710#4コチラは最近のキャンプの定番になりつつある餃子の皮をつかったピザです。子どもでも簡単に作れるので、おやつにはちょうどいいメニューだと思います。餃子の皮にピザソースを塗って好きな具材を載せてフライパンなどで焼くだけ!是非お試しを・・・

camp0710#5これは2日目の朝、KANONたちが前日の夜にやった焼きマシュマロを早速リトライしているところ。こどもって何であんなにマシュマロが好きなんだろう!?ホント感心しちゃうくらい。この網がちょうど焦げ防止になったみたいです。

camp0710#62日目の朝食。
野外の料理では特にパプリカの色が映えるんです。ご飯も炊いて、お肉、野菜、豚汁と日常ではありえないような充実した朝食です。キャンプでは早朝から活動するので(子どもたちに起こされる!?)、朝食もしっかり準備できます。

camp0710#72日目の昼食。
なんか、食べ物の写真ばかりですが・・・
ここのキャンプ場は嬉しいことにチェックアウトが14時(チェックインは10時でした)なので、ゆっくり昼食まで楽しめます。午前中に遊んだあとの昼食のメニューはハンバーガー。もちろんひき肉をこねるところから始めます。これなら幼稚園児のKANONたちも楽しみながら参加できます。ハンバーグのカタチができたら、表面に網目ができるまで炭火でじっくり焼きます。その後フライパンで中まで焼いて、バンズ(この日はバゲット)もグリルでうっすら焼き目を付けてできあがり。たまねぎを丸ごと濡れた新聞紙でくるみ、炭の中で焼いた「アホ焼き」も美味!これもハンバーガーにはさんで食べてみました。


他にも、前日から仕込んでおいたスペアリブも美味しかったし、キャンプでの料理は楽しく美味しいものばかり。まだテントで泊まったことのない人は、料理をメインにチャレンジしてみては(もう寒いけど)。ちなみに今回我が家は、寝袋以外に毛布と羽毛布団まで持ち込みましたが、やはりあるとないとでは寒さが違います。

ハマのおじさん

2007-10-12-Fri-17:20
kudou1kudou2kudou3

プロ野球も公式戦全日程が終了し、いよいよ明日からはセ・リーグで初のクライマックス・シリーズが始まります。我が横浜ベイスターズは3強にギリギリまで食い下がっていましたが、最後は息切れして借金1の4位で終わってしまいました。今年の戦力でここまで戦えるとは正直思っていなかっただけに、ファンとしての充実感は満たされた1年でした。何せ、5月には3年ぶりの首位に立ち、その後8連敗するも交流戦で再び上昇、10月に入るまでCSへのチャンスがあったわけですから。

その要因の一つはやはり大矢監督の手腕にあると思います。10年前にも弱体球団を建て直した実績があり、選手を掌握する能力が長けているんでしょう。大矢監督はこんなことも言っています。「選手にはまだよくやったとは言いたくはない。それを言ったら、そこで終わりになってしまうんだ。」
そんな思いを胸に秘めながら若手を伸ばして、ベテランを鼓舞しているようです。

さらにベイスターズが強くなった(?)(※ファン目線なので・・・)最大の要因は、今季巨人から移籍してきた工藤公康の存在でしょう。44歳を迎えた今季も左ひじの故障と戦いながら自身も7勝を上げ、2軍に落ちても若手を指導しながら這い上がる姿は、ベイスターズの全選手の気持ちに何かを感じさせたはずです。今オフに左ひじの内視鏡手術をするそうですが、44歳でありながら自分の大事な左ひじにメスを入れ、さらに上を目指して頑張る姿勢はすべてのスポーツ選手の手本でもあるし、また、一人の人間としての魅力にあふれた姿です。以前、内視鏡手術をしたその翌年に2ケタ勝利を収めたことがあり、工藤も「来年は最多勝を狙っちゃおうかな~」とコメントしていました。さらに、「僕自身まだまだ野球をやりたいし、いつかメジャーに挑戦したい。来年は確実に横浜にお世話になるが、その後は分からない」とも。メジャーにも挑戦して欲しいが、開港150周年を迎える2009年もベイスターズのユニフォームを着ていて欲しい選手です。
◇2007年成績/19試合7勝6敗 防御率 3.91


■工藤公康オフィシャルサイト
 http://www.kudoh47.com/

■工藤公康オフィシャルブログ
 (彼の言葉の端々に、野球人としての礼儀や野球に対する愛情などが書かれています)
 http://www.kudoh47.com/blog/blog47/

さらに、こんなブログまで登場!
■工藤公康かぁちゃんブログ
 (工藤投手を支える工藤雅子さんのブログ)
 http://www.kudoh47.com/blog/kachan/



と、今季の成績に満足している人(ファン)ばかりではないでしょうから、そういうベイスターズ・ファンの方へ、懐かしい&盛り上がれる試合の映像をお届けします。

1998年、ベイスターズが日本一になった年の巨人との一戦です。両軍合わせて40安打、25点。壮絶な打ち合い(打たれ合い)をお楽しみください。先発はG桑田、YB斉藤(隆)といまやメジャー投手同士でした。しかし、マシンガン打線懐かしいな・・・
横浜 vs 巨人 16回戦(1998年7月15日)


アトリックス

2007-10-11-Thu-15:13
20071011151316

最近、肌荒れがひどくて・・・
という切り口ではありません。

先日ブログに書いた「気になるCM美女」の渡辺めぐみというモデルさんについて、コメントにて新しいCMの情報を教えてもらっていました。そのアトリックスのCM自体はまだ見たことないのですが、今日偶然通りかかったスーパーの化粧品コーナーでアトリックスが山積みされてて、彼女の写真が大きく出ていました。三菱デリカのCMとは雰囲気も変わり、少し落ち着いた感じです(主婦向け?)。彼女は他にも缶コーヒーのCMにも出ているようなので、要チェック!です。


■関連記事
 気になるCM美女「渡辺めぐみ」(2007年8月7日記事参照)

ふじおやま

2007-10-07-Sun-11:12
20071007111231

道の駅で6時に目覚め、新鮮な空気と大きな太陽、目の前に富士山を眺めるという贅沢な朝を迎えました。「ふじおやま」の道の駅にある涌き水(?)には金太郎が鎮座していて、ポリタンクを抱えた人が並んでました。KANONとAISHAも手を洗ったり、水を飲んだり、じゃぶじゃぶと遊んだり・・・すっかりびしょ濡れです。今日は天気もよさそうなので、河口湖あたりまで足を伸ばしてみようかな。

道の駅

2007-10-06-Sat-21:44
20071006214431

先週末に納車されたばかりのステップワゴンで、道の駅に来ています。目的は、車内で泊まるため(笑)。ホントそのためだけにわざわざ毛布まで積み込んで、家族で静岡県までやってきてしまいました。現場は寒いんですが、同じように宿泊している車で満車状態です。では、おやすみなさい・・・

噴水で遊ぶ子どもの声が騒音!?

2007-10-05-Fri-17:15
nishitokyo

自分の耳も目も脳をも疑うこんなニュースがありました。


公園の噴水遊びを騒音認定、「基準超す」と使用停止に
10月5日3時4分配信 読売新聞

東京都西東京市緑町の「西東京いこいの森公園」の噴水で遊ぶ子供の声がうるさいとして、近くに住む女性が騒音差し止めの仮処分を申し立て、東京地裁八王子支部が噴水を使用してはならないとする決定を出していたことがわかった。

決定は1日に出され、同市は翌2日から噴水を止めている。

同公園は、旧東大原子核研究所の跡地を利用して、市が2005年4月に開設した。敷地面積は4万4000平方メートルで、噴水は、遊具などが置かれた広場の中にある。複数の噴水口から水が断続的に噴き出す仕組みで、水の間を縫って遊べるようになっている。

決定書などによると、噴水と女性の家とは数十メートル離れている。都環境確保条例の騒音規制では、この地域の午前8時~午後7時の基準値を静かな事務所内に相当する50デシベルと定めているが、市が観測したところ、噴水で遊ぶ子供の声は女性の自宅付近で60デシベルと、基準値を超えたという。




バカバカしくて何も言えません。
まぁ、きっとみんな同じように感じてると思うので・・・
そうそう、この西東京いこいの森公園には小学校が隣接していたり、周囲には小・中学校や高校がいくつかある地域なのです。しかもHPで見る限り相当大きな公園のようで、子どもの成長の過程にはとてもいい環境だと思うのですが。

ちなみに、この東京都では騒音に対する目安を示しているようで、60デジベルとは“普通の会話・チャイム”だそうです。いくつか抜粋すると・・・

70デシベル 掃除機・騒々しい事務所
60デシベル 普通の会話・チャイム
50デシベル 静かな事務所
40デシベル 深夜の市内・図書館

※東京都環境局


さらに、この冒頭には、
『騒音とは、いやな音や大きな音、不快な音で、快適な生活環境が損なわれることです。』
とまで書かれています。

さらには、東京都教育委員会の小学生向けキッズページ「くらしと環境学習Web 小学生向け学習のページ」にも“騒音”という環境問題のことが書かれています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/
kankyo/gakusyu/gakusyu03-05-01.htm



きっとこの噴水で遊んでいたのは、幼稚園~未就園児くらいの小さなコたちだと思うんです。
彼らが純粋に楽しみ、目を輝かせていたその光景はもう見られないわけです。
せっかくのいい施設がもったいない・・・
西東京市HPの施設紹介にある「中央付近にある噴水は、夏には小さな子どもたちが安心して水遊びができます。」という文字が悲しく響いています。(西東京市 新しいまちづくり・西東京いこいの森公園・各ゾーンの紹介


そもそも、噴水で遊ぶ子どもの声=騒音ってどういうこと!?


10月2日からおそらくは静かになったであろうこの公園には、一体何が残ったのだろう・・・ホント寂しいニュースです。


■西東京市Web
 http://www.city.nishitokyo.lg.jp/

すべらんなぁ

2007-10-04-Thu-17:30


近年のお笑い番組の中でもズバ抜けて質の高い番組なのが『人志松本のすべらない話』です。<あくまでも個人的な基準ですが・・・

深夜にOAするのがもったいない番組だけど、深夜だからこそ最高の輝きを発揮しているのかもしれません。だからか、前回ゴールデンでOAしたけども、今回はまた深夜枠でした。で、その『すべらない話』の第11弾が先日(平日の深夜に)やっていたのでした。これは『すべらない話』ファンにとっては絶対見逃せないんですが、まんまと見逃してしまいました。というか、やってることすら知りませんでした。

その翌日、京都弁がメチャクチャかわいい同じ会社のNちゃんから「昨夜のすべらない話見ました?」と聞かれ、調べてみたら25時半くらいからやってたのです。Nちゃんも見てなかったようで、お互いの不甲斐なさを恨めしく思いつつ、誰か録ってる人を探そうと言ってはみたもののなかなか見つかりませんでした。

それならば、もうここしか頼るところはありません。そう、YouTubeです。画質はよくありませんが、ある意味ラジオのようなものですから(一部、身ぶり手ぶりを交えますが)、クリアである必要はありません。早速Nちゃんにも教えてあげよう。ただし、TV局側からの削除依頼があったら見れなくなってしまうので、気になる方はお早めに・・・


しかし、すべらんなぁ


全編はコチラからどうぞ。
【1/5】http://jp.youtube.com/watch?v=T43_bnolcmE&mode=related&search=
【2/5】http://jp.youtube.com/watch?v=69XC2u-wcnw&mode=related&search=
【3/5】http://jp.youtube.com/watch?v=MU-0dK9s2OM&mode=related&search=
【4/5】http://jp.youtube.com/watch?v=0zhSBrkW46E&mode=related&search=
【5/5】http://jp.youtube.com/watch?v=O6U7MdErG_4&mode=related&search=



なまえ入りスプーン

2007-10-03-Wed-23:58
20071003235831

よく観光地やサービスエリアなんかで見かける、柄の部分になまえの入ったスプーンやスタンプなんかがありますが、今までKANONやAISHAの名前が入ったものを見つけたことがありませんでした。

ところが、ちょっと前の話ですが、KANONの幼稚園のおともだちが旅行のおみやげに『かのんちゃん』と入ったキティちゃんのスプーンを買ってきてくれました。しかも『あいちゃん』(さすがにまだ「あいしゃ」はないようで)まで買ってきてくれて、家族みんなで大喜びでした。

ああいう商品は、いつまでも昔の名前のまま増産してても売れないですよね。だって幼稚園にいるコたちの名前を並べたって、今のままじゃ半分もカバーできてないんじゃないかな。もしそうなら売れるわけがないですよね。かといって、最近のこどもの名前は個性的なものが多く、傾向を掴みづらいのかもしれませんね。

忘れた頃に・・・

2007-10-02-Tue-12:23
20071002122326

先日、家のベランダを見てみたら、ピンク色のキレイな花が咲いていました。「こんな花、今まであったかな?」と考えてると、後ろで奥さんが「カノン、ぺりみ花咲いてるよ!」って話しかけていました。

この花は、今年の春にKANONが『こどもチャレンジ』の付録教材に付いていた「おじぎそうをそだてよう」で“ぺりみ”と名付け可愛がっていたあのおじぎそうのようです(2007年4月26日記事参照)。実はボク自身おじぎそうの花を見るのが初めてだったので気付かなかったのですが、こんなにキレイな花が咲いたことにチョット感動でした。

でも、本に載っていた「おせわのこころえ」3か条
 1.みずやりを わすれない!
 2.ひのあたるところで そだてよう!
 3.まいにち こえをかけよう!


は、当時1~2週間しか続かなかったような気がするな・・・
それなのに花が咲いちゃったら、この3か条が身につかないんじゃないかと不安だったりします。

エドゥー(元横浜フリューゲルス)のフリーキック!!

2007-10-01-Mon-03:00
edu

Jリーグ創世記、ジーコやリトバルスキー、ストイコビッチなど世界各国から数多くのスーパープレイヤーが来日し、その卓越したプレーでファンを魅了し、また日本サッカーの底上げに大きく貢献していました。以前、スーパーサッカーで放映された「Jリーグ助っ人列伝」(YouTube)は、そんな90年代のJリーグを見ていた人には堪らない映像だと思います。

Jリーグが開幕した1993年から見ているボクにとって、今まで(もしかしたらすべてのプレーの中で)の最高のゴールが1994年1stステージにジュビロ磐田戦で決めた元横浜フリューゲルスのエドゥーのフリーキックです(上の画像をクリック!23sec.あたりから)。40mはあろうかという距離から大きなカーブをかけて直接狙ったあのシーンはあまりにも衝撃的で、自分の記憶へのインパクトが強い分、ロベカル(YouTube)ジュニーニョ・ペルカンブナーノ(YouTube)といった世界のフリーキッカーたちよりも上をいくスーパーゴールなのです。

この伝説のフリーキックのほかにも、ベルマーレ戦でのアウトにかけたフリーキックやコーナーキックからカーブをかけて直接ゴールを決めたシーン、さらにはブラジルにいる現在のエドゥーへのインタビューも収録されています。他にもドゥンガやジョルジーニョ、シジマールなどといった懐かしのプレイヤーたちが満載です。


■エドゥー(カルロス・エドゥアルド・マランゴン[Carlos Eduardo Marangon])
 1963年2月2日生まれ、ブラジル出身。
 Jリーグ通算成績('93-'94)/(リーグ戦)67試合18得点、(カップ戦)6試合2得点、(天皇杯)5試合5得点

【関連動画】
 Jリーグ助っ人列伝(1/2)
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。