M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

She can drive very well.

2007-06-30-Sat-13:44
20070630134424

いまAISHAはこの車がお気に入りです。押したり乗ったりしながら、すでに1時間以上も家から半径2~300mの中を歩き続けています。しかも片時もこの車を離しません(>_<)
スポンサーサイト

中学生の恋から学ぶメールの恋愛術

2007-06-29-Fri-23:37
受信中

フリーアナウンサーの松本ともこさんのコラム『そこに恋があるのだ!』で見つけた話。
まずは誤解のないように・・・このコラムは主にOL向けの恋愛コラムで、さらにはサンマリエという結婚パートナー紹介会社の連動企画です。たまたま以前面白そうなタイトルのコラムが目に付き、不定期に覗いては読んでいるコラムなのです。と、言い訳はこのあたりで切り上げ本題へ。


今回、見つけたコラムのタイトルは、

「中学生の恋から学ぶメールの恋愛術」

まぁ、ありがちなタイトルといえばそれまでですが、実は先日、子どもが通う幼稚園のpapaたちとの飲み会で、中学生時代の恋愛(というと大袈裟だけど)の話になり、夜にクラスの子の家に電話をかけるときのドキドキ感や待ち合わせでの苦労などを語り合い、今の奴らはそういう苦労なしに簡単に恋愛できている・・・なんて話に及んだことを思い出したので、チョット取り上げてみました。


このコラムの中で松本さんは、


いまは、メールで何事もおこなわれてしまうから、
いつでもどこでも繋がってる☆という安心感はあるけれど、
その反面、<男女の切れ際>は、冷たく寂しいものになってると思うんです。

 <その1>
   送っても送ってもメールの返信がなく、
   ケンカもしないまま疎遠になっていく。
   アドレス一覧の中に、そんな人いませんか?

 <その2>
   「他に好きなひとができました、ごめん」
   などという悲しい告白なのに、
   (>_<)(-_-)といった顔文字が使われる。
   重いのか?軽いのか?

どんなに文章力があっても、2人の感情表現には限界があるから、ドラマチックじゃない。



と、現代のメール文化がもたらした恋愛のカタチを紹介しています。
恋愛のスタートがメールならば、その恋の終わりもやはりメールなのでしょうか。
毎晩会ったり電話したりしないでも、メールで「おはよう」と送れることで、相手の都合を気にせずに感情表現ができるようになった反面、そのつながり方ってやはり味気ないものなのかもしれません。しかし現実的には、メールなしでの恋愛なんて難しいんでしょうけど。

しかし<その2>で触れているように、その終わり方もまた一方的なメールにて行われてしまうわけです。そう、一方的に・・・
先日のpapaたちとの飲み会においても、「○○駅前の喫茶店で別れ話をした」という話が出ました。他にも駅の改札やら、相手の部屋など別れの場面には必ずそのシチュエーションとともに舞台設定があるものでした。けどこの例のように、メールで・・・ってボクとしては寂しいなって。段階を経て最後がメールっていうのはあるのかもしれないけど、このときばかりは携帯の手軽さを恨めしく思うかも。

みなさんは携帯orメールで別れた経験ありますか?


このコラムの本題である「中学生の恋から学ぶメールの恋愛術」には触れませんので(笑)、続きはコチラで確認してみてください。
http://msn1.sunmarie.com/renai/index_122.html


■松本ともこの「そこに恋があるのだ!」
 http://msn1.sunmarie.com/renai/index.html

Au jardin de Perry

2007-06-27-Wed-18:13
20070627181349


先日、海岸通り地区にある横浜開港資料館内にリニューアルオープンしたこの"喫茶室"は、「ペリーの庭で」という意味があります。以前の"喫茶室"の名はそのまんま「ペリー」でしたが、リニューアルして店名もお店の雰囲気も一新された感じです。そしてこの雰囲気のある建物は、1933年(昭和8)建築の歴史ある英国総領事館の守衛室を改修したもので、石造りの洋館風の建物が資料館や開港広場、海岸教会などと一体感を作り出しています。

リニューアル後まだ行っていないので、近々調査に行かないと・・・
それまではこちらの方々のブログで雰囲気を味わってみてください。


■クラルスの横浜・元町中華街便り
 http://blog.livedoor.jp/clarus4510/archives/50142301.html
■乙の細道 -A Bum's Life in 横浜-
 http://ossanhiker.seesaa.net/article/43227289.html
■Chamomile Cafe
 http://tafutafu.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/au_jardin_de_pe_4452.html
■バックの日記
 http://buck.hama1.jp/e17347.html


■Au jardin de Perry
 http://www.kaikou.city.yokohama.jp/guide/tearoom2.html
perry02

Henry aterriza en Barcelona

2007-06-26-Tue-03:01
Henryアンリがついにバルセロナへ移籍!!

毎年、アンリの周りには移籍に関する様々な噂が流れていますが、今年ついに大きな移籍が実現しました。
けど、よりによってなぜバルサ!?って感じが残るわけで、ボクはバルサのサッカーは好きだし、アンリも最も好きなプレイヤーなんですが、果たして彼のプレースタイルがリーガ(スペインン・リーグ)でどこまで通用するのかという不安もあります。さらに銀河系軍団をも凌駕するチームになり、チーム力として成り立つのでしょうか。ロナウジーニョとのコンビもハマるかどうか・・・

おそらくアンリの移籍により、欧州のFWが玉突きで大きく動く可能性もあり、今後の移籍情報からは目が離せません。バルセロナのエトーは移籍者リストに載っているようだし、オーウェンのアーセナル入りなんて噂も聞きます。また、ベンゲル監督はかつてアーセナルでプレーしていたフランス人FWのN.アネルカにも触手をのばしているようです。アネルカといえばアンリのアーセナル入りで追い出されるカタチで居場所を失った選手だけに、面白いドラマが起こりそうな予感があります。そしてここに来てアンリの後釜の最有力選手がアトレティコのF.トーレス。昨年のW杯でも活躍したので記憶に残っている方も多いかもしれませんね。また、ユベントスのトレゼゲまで残留しないという話が出ており、今オフはしっかりチェックが必要のようです。


Henry:"El Barça es más que un club"


Henry14この写真は、早くも店頭に並んだアンリのユニフォーム。クライフのつけていた14番なんですね。なんだ、意外としっくりくるもんだ。





いつの間に・・・

2007-06-25-Mon-13:11
20070625131134

さっき携帯の画像フォルダを何となく見ていたら見覚えのない画像を発見。しかもボクがまだ寝ている時間に撮影されていた模様で、犯人はKANONしかいません。休日の朝、こうやって2人で時間を潰しているんだね。

参観日

2007-06-23-Sat-14:26
20070623142626

今日はKANONの通う幼稚園の参観日でした。昨夜、ウチに泊まったHちゃんと一緒に登園です。
先日幼稚園で行った水族館でやっていたイルカショーやアシカショーを再現してくれるようで、ホント楽しみです。久々に休日を満喫しています。

BEER NEXT

2007-06-22-Fri-22:05
20070622220545

大きなプロジェクトが終わり、打ち上げです。
赤レンガ倉庫にある『BEER NEXT』でエビス&ハートランドを堪能中。今までの忙しさが嘘のような「日常」の時間が流れています。


お中元・お歳暮・贈り物にどうぞ!
送料無料!サッポロビール エビスビールセット YM50T(お中元熨斗のみ)
エビスビール350ml×21本
価格 5,000円 (税込 5,250 円) 送料込


「ホクレア号」が横浜にやってくる!

2007-06-09-Sat-01:18
hokule’a

いよいよ本日、ホクレア号が横浜にやってきます。


知らない方は、是非コチラを読んで欲しいと思います。
http://www.yokohama-seafes.com/hokulea2007/


ボクなんてもしかしたら泣いてしまうかもしれません。


みなさんも"幸せの星"ホクレア号に会いに、ぷかりさん橋まで足を運んでみてください。

だいすき

2007-06-06-Wed-03:42
20070606034230

ぱぱいつもありがとうこれからもがんばってねかのんより

ぱぱ いつもありがとう

これからも がんはってね

かのんより

昨夜、残業から帰るとテーブルの上にこんな手紙が。毎日、終電帰り&休日出勤も重なってて、最近はちゃんと遊んであげられてません。あと2週間もすれば山を越えるので、たっぷりKANONと遊ぶ時間をつくらないと・・・

JICA横浜

2007-06-01-Fri-01:00
20070601010014

みなとみらいの一角にあるJICA横浜(独立行政法人 国際協力機構)に、こんな開放的なテラスがあるのを知ってますか?

ワールドポーターズの海側、赤レンガ倉庫からも歩いてすぐの立地ながら、足を踏み入れたことのある人はきっと少ないでしょうね。

そんなJICAの3Fに写真のテラス席はあります。といっても、イタリアンやフレンチでもなければ、カフェでもないこの場所の名称は『JICA横浜食堂』。そう、いわゆる社員食堂みたいなところのテラス席なのです。だから基本はリーズナブル。今日のランチセットはハンバーグ&生姜焼きにご飯、みそ汁、サラダ、ミニケーキ、コーヒー・紅茶が飲み放題で650円でした。天気がいい日という条件付きですが、穴場なスポットとしてオススメしておきます。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。