M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじぎそうをそだてよう!

2007-04-26-Thu-23:59
20070426235936

今月号のこどもちゃれんじの付録は、おじぎそう栽培キットでした。

ボクも小学生の頃にこういう栽培をやった記憶がありますが、今は幼稚園でもうこんなことやるんですね。まあ、当の本人はやる気満々で、届いた昨夜に早速キットを組み立てて、土を敷き、種を蒔き、水やりをしていました。

まずは名前を付けるんですが、KANONが付けたのは「ぺりみ」。劇場版「どうぶつの森」に出てきたキャラクターみたいです。よく分かりません(^^ゞ その名前が書いてある青いものは熊手で、赤いのはじょうろになっています。

本に載っていた「おせわのこころえ」には、

①みずやりを わすれない!

②ひのあたるところで そだてよう!

③まいにち こえをかけよう!

と、書いてありました。今のところ1日に何度も声をかけているみたいです。東南の窓辺に佇むおじぎそう・・・ちゃんと成長してくれるかな。
スポンサーサイト

ABC Cooking Studio +m

2007-04-25-Wed-23:57
abc+m

先週末の『ワールドビジネスサテライト<土曜版>』で見た特集の話です(いつも見ているわけじゃありませんよ)。

そこではシックな雰囲気の料理教室にて、仕事帰り風の若い男女が何やら楽しげに料理をしながら談笑しているじゃないですか(ホントこの画像のような感じでした)。そこは全国に教室を持つABCクッキングスタジオが「楽しく作って、楽しく食べる」をコンセプトに、東京・丸の内にオープンさせた「ABC Cooking Studio+m」で、食を通じたコミュニケーションの空間として位置づけているものです。

この+mは、

 meet
 meal
 marunouchi

から、きています。
そして隠れたキーワードとして、"male"も含まれるようです。

丸の内で働くOLやサラリーマンをターゲットにしているだけあって、素材にはこだわり、上質だけど簡単なおもてなしメニューを習えるようで、調理器具や食器もオシャレなものを使用、さらにオリジナルエプロンやスリッパを貸し出しているので手ぶらで行けるのもポイントとなっています。

2人1組で行う授業では、前方の大型スクリーンに映し出される先生の手元の映像を見ながら進みます。調理後はオプションでゲストルーム(6人用)を借りることができ、さらなる親睦を深めることもできそうです。

この新たな出会いのシチュエーションは、みなさん品もよく、オシャレなアフターセブンの過ごし方として今後注目されそうです。ボクも是非入会したいといそいそとサイトを覗きに行ったら、驚愕の事実に直面してしまいました!そこには『入会には生徒もしくは同社スタッフの紹介が必要で、なおかつ申請→審査→承認→手続き』と簡単には入会できないようです||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン|||||||||||||

気になる方は↓からどうぞ。


■ABC Cooking Studio +m
 http://www.abc-cooking.co.jp/plusm/index.asp

住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビルB2
電話番号:03-5221-8431
営業時間:
  平日 15:00~23:00
  土曜 12:30~22:00
  日曜 12:30~21:00

八重桜

2007-04-21-Sat-22:06
20070421220635

実家の前の通りには数百メートルにわたり、写真のように八重桜がキレイに咲いていました。すでに花見も終わり、学生も新学期が始まりそれぞれ新しい生活をスタートさせているなか、まだこうやって誇らしげに咲く桜を見れるというのは、なんとなく得した気分でした。

20070421220905AISHAも落ちている桜(花びらじゃなく塊のまま落ちている)をつまんでは、あっちに行ったりこっちに行ったり思うがままに歩いていました。その後、その桜はおばあちゃん家に持ち帰られ、水の入ったお皿に飾られていました。

焼肉デー①

2007-04-20-Fri-19:14
20070420191453

まずはお通し(!)から。キャベツ三昧だ(^O^)


【22:00追記】
何枚か写真を撮って記事をアップしようとしてたんだけど、食べに走ってしまったため記事を書けませんでした。そのためタイトルの①は企画倒れということで・・・
それにしても、先月フルマラソンを走ってからこの1か月の間に焼肉4回目です。まあ体重や体脂肪率はレースの頃と変わってないからいいかな。焼肉サイコー(^o^)

南蛮屋

2007-04-19-Thu-23:58
20070419235821

ここは実家の近くにある南蛮屋三ツ境店です。ボクは家や会社でコーヒーを飲むときには、ここで売っているコーヒー用ミルクを必ず入れていて、この日もKANONと2人でミルクを買いに来ました。

このお店のいいところは、コーヒーの試飲をさせてくれるんです。この日もミルクしか買わないボクらにアイスコーヒーと、コーヒーの飲めないKANONにはアイスティーをわざわざ作ってくれました。いつも思うんですが、ここの店長さんはホント親切で丁寧です。

さらにここのお店の魅力的なところは、写真にも写っていますが、店内にディスプレイされた豊富な陶器類です。試飲の際もこれらの陶器で入れてくれるんですが、同じコーヒーでも器が違うだけで味も変わる!?ウチも陶器で飲もうかな。この写真のKANONなんかレポーターみたいだな。


【2007年4月20日写真追加】
南蛮屋+kanon

横浜アンパンマンこどもミュージアム

2007-04-17-Tue-02:13
アンパンマンこどもミュージアム

いよいよ今週4月20日(金)にみなとみらい地区にオープンする「横浜アンパンマンこどもミュージアム」ですが、先日ボクを除く家族3人がプレオープンに行ってきました。

このミュージアムは「敷地面積約6,800平方メートルに、劇場を併設した3階建てのミュージアム、飲食・物販など22店舗が出店するショッピングモール、不二家レストランとのコラボレーションによりペコちゃんとアンパンマンが描かれるファミリーレストランにより構成」されているようです。さらに「アンパンマンヘアサロン」や「ジャムおじさんのパン工場」(ベーカリー&カフェ)もできるみたい。入場料金は1,000円(小学生以下記念品付き、0歳児無料)で、営業時間は10時~20時(ミュージアムは18時まで)。ショッピングモールの入場は無料になっています。

aisha アンパンマンプレオープンの日はさすがにショッピングモールはやっていなかったようですが、ミュージアム内の施設はTDLのトゥーンタウンみたいな仕掛けがあったり、お店屋さんの疑似体験みたいなスペースがあったようですが、入場料金に見合うかどうかは実際ボクが足を運んだわけじゃないのでコメントしづらいんですが、きっとオープン直後はGWもあってかなり混み合うんでしょうね。有料施設なだけに混み過ぎてて全然遊べなかったなんてことにならなきゃいいですが(余計なお世話)。

アンパンマンの施設といえば、1996年に高知県に開設された「香北町立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム」が有名で、現在も年間20万人の集客があるといいますが、今後は横浜にもアンパンマンの人気が根付いていくのか楽しみです。アクセスもみなとみらい線「新高島」駅から歩いて5分ほどですが、横浜駅東口からも歩ける好立地です。場所はスーパーオートバックスの裏といえばイメージできるでしょうか。

こどもに絶大な人気を誇るアンパンマン。ご覧のようにAISHAも楽しんでいたようです。


■横浜アンパンマンこどもミュージアム
 http://www.yokohama-anpanman.jp/


【2007年4月20日追記】
20070420013604先日、会社の人が内覧会に行ったときに買ってきたカレーパンマンのカレーパンです。味は普通に美味しかったけど、これでひとつ300円は高すぎる(>_<)

横浜公園に16万本のチューリップ!!

2007-04-16-Mon-05:35
横浜公園チューリップ

4月14日の土曜日に家族で横浜公園のチューリップを見に行きました。先週の記事にも書いたんですが、チューリップもちょうど見ごろを迎えてまして、いろいろなブースもたくさん出ていて大勢の人で賑わっていました。午後からKANONのスイミングがあったのであまりゆっくりできませんでしたが、さまざまな色やカタチのチューリップを見たり、KANONはプチ丸太切りや竹馬などの体験で楽しみ、最近歩くほうもだいぶ安定してきたAISHAも自由気ままにあっち行ったりこっち行ったりしてました。

笛吹き丸太切り竹馬
aisha01aisha02aisha03

至福の時間

2007-04-14-Sat-16:13
20070414161323

スイミング後のデザートタイムです。
久しぶりに見学に来たら、クロールの練習をやってました。がんばれ、がんばれ。

修廣樹

2007-04-13-Fri-23:45
20070413234541

関内・相生町にある『フランセーズ修廣樹』です。元町にあるお店の姉妹店で、野菜中心のフレンチのこの店でまず選んだのはバーニャカウダ。フレンチ久しぶりだし大満足でした。

ファーストシューズ

2007-04-12-Thu-08:01
20070412080131

先週、以前ウチの会社にアルバイトに来ていたMちゃんが遊びに来てくれました。しかも、昨年9月に生まれたbaby同伴で・・・

元々、アパレルで働いていた彼女はセンスもよく、手先も器用なのは知っていたんですが、写真のベビーシューズまで自分で編んだと聞いて、チョット感動ものでした。AISHAにもこういうの履かせてあげたかったよ。

しかもおみやげに「ハーバーズムーン」の話花というアジアンクッキーを買ってきてくれました。ボクがもらったのは深抹茶なる味のクッキー。なかなか濃厚な味で美味しかったです。しかもこのクッキーは発芽米を使っているそうです。もらいっぱなしでスイマセンm(__)m 
Mちゃん、今度は手ぶらで遊びに来てね。

ジョージ・クルーニーと25セントのレモネード

2007-04-11-Wed-01:00
George Clooney
George Clooney

映画監督もこなすハリウッドスター、ジョージ・クルーニーに関するチョットいい話です。

ジョージ・クルーニーの新作映画『レザーヘッズ』(原題)のロケ地の近くでレモネードの売店を出していた子どもたちは、クルーニーが客として立ち寄り大喜びだったようだ。子どもたちは1杯25セントでレモネードを販売していたところ、クルーニーがふらっとやってきたという。一緒に写真を撮った後、母親はタダで構わないと言ったらしいが、クルーニーは後で代わりの人をよこし、レモネード代として20ドルを払ったとのこと。「その人、お釣りはいらないって言ったんだよ」と子どもたちは大騒ぎ。それからまもなく、“レモネード25セント”と書かれた看板の横に“ジョージ・クルーニーが来た場所”という看板が出されたらしい。



なんてほのぼのとした話なんでしょう。子どもたちが目を輝かせて興奮している様が目に浮かびます。そして、このレモネード売り場もしばらく繁盛するんでしょうね。もしかしたら10年後、20年後もこの看板を掲げてレモネードを売っているかもしれません。もし20年後もまだ、この看板を掲げて25セントのレモネードを売っているようなら、ぜひとも訪れてみたいものです。



oceans13一応、映画の話も・・・
『オーシャンズ11』(→amazon.co.jp)『オーシャンズ12』(→amazon.co.jp)に続くシリーズ第3弾『オーシャンズ13』が今夏ついに日本に上陸します。スティーブン・ソダーバーグ監督と製作ジェリー・ワイントローブのもとに、今回もおなじみの豪華キャスト。さらにアル・パチーノとエレン・バーキンを新たに迎え、ダニー・オーシャンとその仲間たちが再びラスベガスに集結します。アル・パチーノはラスベガスのカジノ&ホテルズのオーナー役とのこと。今回の作品ではどんなクールな駆け引きが行われるのか今から楽しみです。これぞエンターテインメント!でしょう。いや~、それにしても豪華!!


■オーシャンズ13[2007年8月11日公開]
 監督:スティーブン・ソダーバーグ
 出演:
  ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、
  アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、
  エレン・バーキン、アル・パチーノ


□特別予告編はコチラから
 http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/

横浜オシャレ会

2007-04-10-Tue-08:49
20070410084937

横浜のオシャレ自慢の方、2F小ホールに集合です!
オツャレになっているのがミソですね。

出会いと別れのあいだで・・・

2007-04-09-Mon-12:57
20070409125751

春は言わずもがな「出会い」と「別れ」の季節ですが、2007年の春はいくつの出会いと別れを経験しましたか?

今日、横浜公園を通ったらチューリップがだいぶ咲き出していて、今週末には見ごろを迎えそうな感じです。昼の横浜公園には幼稚園児や新入社員、ごっついカメラを抱えた元気なリタイア組の面々で平日にもかかわらず賑わっていました。そしてチューリップには新しい出会いが似合うなってあらためて思ってみたり、その後方で散り行く桜を見てると、やはり別れのイメージが強いなと思い巡らせてみたりしました。

そもそも桜は4月に咲くもので、確かに自分が10代だった頃の桜を思い描くと、それは「入学式」なんですよね。けど年々、桜の開花時期が早まって来て、しかも近年の「桜ソング」の流行により、ボクたちの頭にはその散り行く様=別れ、卒業という図式が成り立ってしまったのかもしれません。

そんな出会いだ別れだなんて関係なく、桜といえば花見だろうという方もいるかもしれませんが・・・何はともあれ横浜公園のチューリップはもう少しで七色の絨毯となります。



■「花と緑のスプリングフェア」、横浜公園にチューリップ16万本(ヨコハマ経済新聞)
 http://hamakei.com/headline/2299/index.html

■よこはま花と緑のスプリングフェア2007((財)横浜市緑の協会)
 http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/event/sf2007.html

リカちゃんハウス

2007-04-08-Sun-23:15
20070408231546

久しぶりにリカちゃん人形で遊んでいるKANON。12月の誕生日に買ってもらってから数回しかお目見えしてなかったのに、今日はどういうわけか広げて遊んでます。

21世紀のリカちゃんは耳にイヤリング(ピアス?)をしていたり、髪がウェーブしていたりとよりかわいくなっているんですが、ボクが1番驚いたのは、リカちゃんには双子の妹と三つ子の弟妹がいて、少子化が深刻な問題となりつつあるいま、なんと6人兄妹なんです。つまり香山家は8人家族。まあ、そんなことより、この歳になってリカちゃん人形で遊んでいる自分に驚きですが・・・

アルプスの少女ハイジ

2007-04-07-Sat-12:29
20070407122945

公園で一通り遊んだ後は、近所の地区センターでアルプスの少女ハイジごっこです。ハイジの白パン食べたくなってきた・・・

20070407124403

中村屋

2007-04-06-Fri-02:10
中村屋~結婚式スピーチver.~


あまりにも有名なフラッシュです。
1~2年前(?)に初めてこのフラッシュを見たときは、文字通り腹がよじれるほど笑い、毎日のように見ていたことを覚えています。

この製作者の「心臓」氏とは何者なのか?気になって調べてみたところ、グループ魂の好きな方で、笑いのセンスやツボが人より秀でた人物のようです。当然のようにこの「中村屋」は日本中に知れ渡り、あまりの反響に作者も当時のブログ内で驚きと戸惑いのコメントを残しています。(軸移動(スチール・ブログ)「中村屋パニック」記事参照

また、このFlashを作った理由についても触れていて、
『グループ魂が大好きで、(中略)「これだ!」と人目惚れ(一目惚れ)してしまった訳です』と書いています。他でもカレは『グループ魂が広く認知されるようになった一助となって嬉しい』というような感想も書いています。

最後に、
『あとネタが元々面白いのであって、決して自分が面白い訳ではありません。分かりやすくしただけです。』と謙虚なコメントで締めくくられています。

そうはいっても、「元X-JAPAN TOSHI ご乱心」(下のブログのトップページにリンクあり。笑撃映像です!)などというYouTubeをupしているあたり、カレの着眼点や発想、視野の広さなどには感心させられます。"心臓"・・・今後も目が離せない人物です。




■心臓氏のブログ『軸移動(スチール・ブログ)』
 http://lovesteel.blog24.fc2.com/

■★スチール★(コチラも要チェック)
 http://www.steel2.jp/

■中村屋~弔辞ver.~(YouTube)
 http://www.youtube.com/watch?v=1m8tuNWy_jY&mode=related&search=

HOTEL NEW GRAND

2007-04-05-Thu-22:03
20070405220356

1927年以来、その重厚な佇まいと圧倒的な存在感で、横浜を代表するホテルとして世界中からたくさんの要人を招き入れ、また横浜港に入港する客船をずっと眺め続けてきたHOTEL NEW GRANDが80周年を迎えています。

みなとみらいには高級ホテルが建ち並び、バブル崩壊(古っ)や供給過剰によりいくつかのホテルが姿を消していくなかで、市民の一人としては、HOTEL NEW GRANDにはいつまでも堂々とこの場所にいてほしいと願うばかりです。

サザンオールスターズの歌にも登場する「シーガーディアンⅡ」(LOVE AFFAIR~秘密のデート~)やザ・カフェなどの店舗では、80周年記念フェアを開催中です。ゆっくり食事したいな・・・

横須賀美術館~海から訪れる美術館~

2007-04-04-Wed-20:00
横須賀美術館

この海辺に建つ現代的な建築物は、今月末オープンを予定している「横須賀美術館」です。観音崎にそびえるこの美術館は総事業費約50億円をかけて建設されたもので、2000年に基本計画が策定されてから7年の年月をかけて2007年4月28日にオープンを迎えます。横須賀市ではこの開館に合わせ、海からのアクセスを検討しているようです。

現在運航されている三笠-猿島間の連絡船を観音崎まで延伸させる計画で、市の企画調整課が検討している案では、土・日・祭日とGW期間や夏の繁忙期に限り、現在運航している三笠-猿島間の定期便の内1日4便(往復8便)を猿島経由で美術館前まで延伸するそうです。今年9月までをテスト期間とし、利用状況と事業性から今後の方向性を決定するもので、実現すれば集客力もあがり、「海から訪れる美術館」として多くの人が訪れるかもしれません。

mapさらに横須賀市では、「海上観光的な要素を盛り込んだ魅力発信で、単なる輸送手段ではない事をPRしていきたい。今年、国からの譲渡が決まっている猿島(エコミュージアム構想)と美術館のWミュージアムなどの企画展開も考えたい」と意欲を見せているようです。「乗船料は三笠-猿島-美術館前の区間で片道1,600円を予定しているが、市制100周年を記念した割引も検討している」ということなので、この春チョット行ってみたい施設のひとつになりました。
アクセスの詳細はコチラ


Wikipedia(ウィキペディア)

2007-04-03-Tue-23:57
Wikipedia

ボクもブログの中でしばしば活用しているオンライン上の百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」。これは、オンラインで一定の利用者がある事柄に対して書き込んだり、修正したりできるもので、そのこと(もの)の定義や年表のようなものはもちろん、たとえば過去に発言した内容だったり少しマニアックな関連付け(リンク)があったり、そこにはかなりの情報量が存在しています。

しかし、この便利なWikipediaも使い方や限度をわきまえないと痛い目に遭うというニュースがありました。昨年12月、アメリカのバーモント州にあるミドルベリー大学の史学部で行われた日本史の学年末テストで、20数人のクラスのうち数人が島原の乱について「イエズス会が反乱勢力を支援した」と記述していた。実際はそういう事実がなく、不思議に思った教授が間違いの元をたどったら、Wikipedia「島原の乱」に行き着いたという。

Wikipediaに基づいて答案を書いたと思われる例は以前からあったそうで、一部の学生の間ではその情報をそのまま信じてしまってるという。そこでこの大学の史学部では「ウィキペディアなどウェブ上にあって多数の人間が編集することができ、記述の正確さが担保できない情報源を引用することを禁止すると通知したそうです。このことに学生の多くは納得したけど、「教員が知識を限定しようとしている」との不満も出ているようです。

昔ならテストである人の答えを周りのみんなが書こうとして、親がコケたらその一帯は全員アウトなんてことがあったけど、今は小学生から自らネットで情報を得る時代・・・便利なような、薄っぺらくモロいような。もはや図書館の使い方が分からないなんて学生も出てくるのでしょうか。


■ウィキペディア フリー百科事典
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

花見のできる動物園

2007-04-02-Mon-17:55
aisha070331

先日エントリーした野毛山動物園での花見の写真をアップします。AISHAはもうすぐ1才2か月ですが、髪の毛コレしかありません(笑)まるでboyのようだ。

nogeyama02nogeyama03nogeyama05
nogeyama04nogeyama06


■ズー○シアよりも勤勉に歩き回っていたトラ。でもだだっ広いところを走り回りたいよね、きっと。ボクもそんな動物園見てみたい。(上段左)
■キリン目線で花見したらものすごい迫力だろうな。(上段中)
■何ともキレイな孔雀の羽の模様。休憩所のベンチ内を普通に歩き回ってます。(上段右)
■KANONにとっては花見よりも、いわゆる動物園よりも、この小動物と実際にふれあえる「なかよし広場」がいいみたい。(下段左)
■けど、たとえそんな笑顔でお願いされても、家で飼うことはできないよ(下段右)



そして、この日一番のヒットは、アムールトラの檻で見つけた危険な看板です。そこには何と書いてあったかというと・・・







nogeyama07








ヤバすぎる(*゚Д゚*)!!!!



■野毛山動物園
 http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/dousyoku/
nogeyama/index.html
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。