M’s Bar

LOVE & PEACE @ YOKOHAMA

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回横浜マラソン

2007-11-11-Sun-10:02
20071111100237

もうすぐスタートです。
スポンサーサイト

台風9号による西湘バイパス崩落の影響で、2008湘南国際マラソンは30kmで開催!?

2007-10-23-Tue-20:00
西湘バイパス

まだ記憶に新しい2007年9月に上陸した台風9号の猛威。関東地方でもさまざまな傷跡を残していきましたが、この西湘バイパスの崩落は衝撃的でした。このため、周辺道路の渋滞は深刻な問題となり、小田原厚木道路を無料で開放するという話にまでなりました。

そして、ここをコースとしている『湘南国際マラソン』へも大きな影響を与えました。昨日(やっと)発表された『湘南国際マラソン』の概要では、大きな変更点がいくつかありました。まず、距離が42.195kmから30kmに変更されたこと。そして、昨年は江ノ島がスタート・ゴールだったものが大磯(プリンスホテル)がスタート・ゴールとなり、30kmの部では辻堂海浜公園が折り返し地点となります。さらには神奈川陸上競技協会が主催から運営協力に回ったため、日本陸連の公認大会でなくなるそうです。

これって結構大きいですよね。ある意味、前回とは別の大会みたいな印象です。もちろん台風9号の影響は理解できるし、そのために中止や代替案などいろいろ模索したのだろうと思います。それぞれの市町村でも反応はさまざまで、発着となる大磯町は歓迎ムードらしく(そりゃそうだ)、町の活性化にもつながるこの機会は願ってもない話でしょう。一方、前回の発着点だった江ノ島を抱える藤沢市は、観光シーズンに開催することへの反対や、そもそも今回は江ノ島でのコース設定がないなど不満の声も多いそうです。

ランナー的胸中としては(ランナーなんてオコガマシイですが)、江ノ島発着だから大会が締まるという感覚はあるし、(特に今回は)30kmという中途半端な距離に対する意欲の低下は否めません。何より大磯をスタートとすることで、当日の朝にかなり多くの人が大磯駅周辺に集まるわけですが、それを受け入れるだけの能力が駅及び周辺環境にあるのかやや疑問です。前回経験した感覚では、やはり江ノ島にみんなが集まって富士山を見ながら駆け出すというのがよかったんですよね(前回大会のときの写真はコチラ)。大磯発着だと10kmコースの人は平塚の手前(花水川付近)で折り返すことになるし、なんか全体的にイマイチな印象です(地元の方、ゴメンナサイ)。ちなみに今年は前日受付は行なわないそうです。

大会委員長である河野太郎氏は今回の変更について前回大会が赤字だったことを理由としています。「スポンサーの充実と参加者の増加が不可欠である。江ノ島では警備上これ以上の大幅な人数の増加は難しい。(大磯プリンス)ホテルの広い敷地なら可能と判断した。」と語っています。けど、主催者側の都合だけを押し付けても、参加者の理解を得られないと大会は成功しないと思います。「ご理解願いたい」の一点張りではどうだろう・・・それに「国際」の意味って?

ということで、2008湘南国際マラソンへの参加は保留にします。<走るつもりだった!?



■2008湘南国際マラソン
 http://www.shonan-kokusai.jp/

 ◇開催日/2008年3月16日(日)
 ◇種目/30km(一般)、10km(一般、障害者、車いす)
 ◇定員/30kmの部(7,000人)、10kmの部(4,000人)
 ◇募集期間/2007年10月22日(月)~12月22日(土)※先着順

 ◆詳細は主催者ホームページ等でご確認ください。



■関連記事
 http://tpa2005.blog19.fc2.com/blog-entry-345.html

感動のゴールシーン!?

2007-03-26-Mon-23:28
Finish!!
Photocreate,Ltd.All rights reserved.

「湘南国際マラソン」から一週間が経ちました。あれほどチカラが入らなかった両膝も少しの痛みを感じる程度にまで回復し、足裏の筋肉の痛みも解消されたようです。それでもココロはいまだ解放中。まだ「走りたい!」という欲求は湧いてきません(>_<)

そんな中、「湘南国際マラソン」の写真サービスが始まり、オールスポーツコミュニティというところでゼッケン№を入力すれば自分の写っている画像を見ることができます。もちろん気に入った写真は販売してくれます。

そこで早速自分も探してみたら、スタートの写真ではごちゃごちゃしている中に自分を発見!フィニッシュの写真も数人のなかで写っているものが何枚かありました。その中に上の写真のようにアップのものがありました!なかなかいい写真です☆☆☆☆☆(と、自分で言ってみたりして)他にもレース中の写真も「自分」を写してくれているものが何枚かありました。これが全選手分あるわけだから、一体何枚撮っているんだろう

こういうサービス(もちろん購入するわけですが)はボクみたいな初マラソンだった人間にとってはウレシイです。実はこの写真、ゴール直前で大会スタッフが大きな声で「ゴールで写真撮ってますよー!」って叫んでいて、走りながら「じゃあ、何かポーズとったほうがいいかな」って考えて、それっぽくフィニッシュラインを通過してみました。そう、狙ってたんデス

昨夜(3月25日(日)26:20~)TBSで放送された番組も今度ゆっくり観てみないと・・・まぁ、自分の走りに何のドラマもなかったし、高橋尚子選手や間寛平にも会えなかったので画面には出てこないでしょうけど、3月18日に湘南で行われ、なおかつ自分が走った第1回のマラソン大会を第三者的な目で見るのも面白いでしょうね。


■オールスポーツコミュニティ
 http://allsports.jp/
 http://allsports.jp/event_detail.php?ev_id=52104(湘南国際マラソン2007)

■関連記事
 『湘南国際マラソン』完走記(2007年3月19日記事)

『湘南国際マラソン』完走記

2007-03-19-Mon-22:48
skm01

昨日、快晴のもと行われた第1回湘南国際マラソンで無事完走することができました。レース中にブログの記事をアップするという前代未聞(!?)の行為も成功し、昨日その記事を読まれた方もいるかもしれませんが、ホント天気は最高によかったです。

完走記なんて大それた内容じゃないですが、簡単に書くと・・・
火曜日からレース前日まで続いた37℃台の熱も、当日の朝測ってみたら36.4℃となんと平熱に。前日受付に行ったときも37.5℃あってだるかったのが嘘のようです。まぁ、その前日受付のときに出ていたブースでレース用のウェアをちゃっかり買ってしまっていたんですけどね。

6時過ぎに家を出て、7時20分ごろ会場入りしたんですが、まず驚いたのがものすごい寒いこと。海風をもろに浴びるので空気が冷たいんですよね。その代わり富士山が最高にキレイでした。澄んだ空気の日に見る富士山はホント雄大かつ荘厳で、気持ちも一気に高まりました。

フルマラソンのスタートは9時。選手も7千人チョットなので東京マラソンのような大群衆にはならなかったようです。真ん中より前目の位置でスタートを待っていると、前方からマイク越しにQちゃんの声が・・・今回ゲスト参戦する高橋尚子がスタート位置のバス(?)の上から手を振っていました。

9時のスタートと同時におともだちのOさん(40歳)に「行けるところまで行こう」と言われボク的にはややハイペースに。このOさん、元トライアスリートで先月の東京マラソンも走ったツワモノなのです。それでも往路は真っ白にそびえる富士山に向かいながら、太陽の陽射しを浴びて真っ白に輝く海を眺め、沿道の声援と追い風に乗り20km過ぎ(二宮)まで並走したんです。ハーフのタイムは忘れちゃいましたが1時間50分くらいで通過したと思います。

Oさんに置いていかれてから急にキツくなりました。そこからの1km、1kmが長いのなんの・・・5kmごとに給水ポイントが設置されているんですが、なかなかたどり着かない。25km過ぎて(大磯)ガクッとペースが落ち、30km手前(平塚)から足裏の筋肉(?)が張っちゃって、その痛みに耐えられず歩くようになっちゃいました。

一度歩いちゃうとなかなか走り出すことって難しく、徐々に腿からふくらはぎにかけても痛くなり、30km過ぎ(湘南大橋)からはストレッチをはさみながら走って、歩いての繰り返しでした(>_<) 途中で奥さんに電話して(ここで携帯の登場!その是非は別にして活躍しました)、どこで応援しているか確認し、そこだけは走らないと・・・と目指しました。

もりぞう家の応援団は37km過ぎ(浜須賀)にいました。KANONは1時間前からそこで「パパがんばれ!」って応援していたみたいですが、パパはその時間ず~っと後ろの方でヘロヘロでした。でもボクにとってそこは特別給水ポイントで、KANONからドリンクやバナナを差し入れてもらい、さらにはカラダを気遣ってもらい、まるでボクのコーチのようでした(笑)

残り5kmなら気持ちをもう一度奮い立たせ一気にいけるかと思ったんですが、何しろカラダが言うことを聞きません。両足をつっちゃって一時は棄権かなって思うほど力が入らなかったんです。このくらいになるとおじいちゃんやら体の大きな人にまで抜かされたりする始末でした。最後の2kmから走り切りましたが、特に最後の1kmは今まで1kmがあんなに長く感じたことがないというくらい長かったですね。

江ノ島の交差点を折れ、江の島大橋の先がゴール地点で、この長い長い橋を渡り切ったゴール付近には無数のカメラが・・・最後は元気にポーズをつくってフィニッシュしました^^タイムは自分の時計で4時間14分でした。もう足パンパン。最終的には膝が一番痛いんですけどね・・・

8月にエントリーしてから約半年。日々のランニングは思うように走り込めず、直前にコンディションを崩し、ウェア類への投資額だけが嵩んだ今回のマラソン初体験でしたが、終わってみての率直な感想は『もう、やらない』です(笑)だって4時間もアスファルトの上を走ったら、足を痛めるのは当然だし、もう仕事終わって22時、23時から10kmとか走るのツライし・・・まぁ、奥さんからは「投資に見合うだけ走ってよね」と言われてますが。もちろん次は白紙です。

最後に奥さんが撮った写真を何枚か載せておきます。

高橋尚子高橋尚子選手。聞くところによるとQちゃんは、何度も何度も戻っていろんなランナーに声をかけながら走っていたようです。Qちゃんはボクと同い年。北京に行って欲しいな・・・

間寛平コチラは間寛平。寛平ちゃんも周りを笑わせながら、また、沿道の人たちともハイタッチをしながらレースを盛り上げていたようです。

もりぞうそして、コチラがもりぞう選手。当日会った知り合いの半数以上から「早そうだよね」と言われたように、確かに格好だけならもう1時間くらい早いタイムで走ってそうでしょ。まぁ所詮は「格好から入って、格好だけ」ですから。

もりぞう02実はこのとき両足の腿の前あたりをつって、動けなくなってました。KANONコーチと作戦会議中の図です。

花束打ち上げ後、家に帰ったらKANONとAISHAから花束のプレゼントが・・・!!嬉しいですね。疲れも吹っ飛びます!けど、膝の痛みだけは吹き飛びませんでした・・・



<おまけ>
omake完走賞のTシャツです。

江之島亭

2007-03-18-Sun-15:36
20070318163623

これから今日のご褒美です(*^_^*)

Finish!!!

2007-03-18-Sun-13:33
20070318133332

廃人1号デス。

給水ポイント

2007-03-18-Sun-12:25
20070318231836
ただいま35km通過。もうダメ・・・

スタート直前

2007-03-18-Sun-09:06
20070318090629

寒い・・・でも、天気もよく富士山がキレイだ!

いよいよ

2007-03-18-Sun-06:32
20070318063237

当日の朝を迎えました。熱は何とか下がり、早起きもできたので、あとは会場に行ってから最終判断をしようと思います。

37.5℃

2007-03-17-Sat-14:34
20070317143430

もう5日間も熱が下がりません(>_<)
今日はこれから明日のレースの前日受付をしに江ノ島まで。出るかどうかは明日の朝の体調をみて慎重に判断するつもりです。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。